楽器の品揃え日本最大級!ギター、管楽器、ドラムなど新品、中古楽器、欲しい楽器がお得に見つかる!

先日開催!小南千明さん&藤本健さんApolloセミナー、徹底レポート!!

2017/12/29 (金)[池袋店]

12月22日にタワーレコード池袋店さんにて開催されたApolloセミナー、その全貌を公開!

皆さんこんにちは!年の瀬でございます!!!
池袋店デジタルスタッフの山口と申します。
既に年越し蕎麦がかなり食べたいしお餅は本日お先に頂きました。2017年年末、皆様いかがお過ごしでしょうか。

はてさて、本日はイシバシ池袋階下にございますタワーレコード池袋店様で行われました、

小南千明さん&藤本健さんによるApolloセミナー!!!



遅れましたが、簡単にレポさせて頂ければと思います!


実は10月にイシバシ御茶ノ水店にて開催されたこちらのイベント。
(詳細はこちらをご覧下さい)

今回はタワーレコードさんのイベントスペースにてセミナーを開催させて頂きましたので、雰囲気もだいぶ違ったライブ感のだいぶ強いものとなりました。


ライブっぽい

イベントはまず最初に小南さんによるライブ演奏からスタート。
そこから、普段どのようにして曲を作っていくのかを藤本さん司会のもと実際に小南さんが普段使っているMac Book ProStudio One、そしてNektar / Impact LX 49+を使って解説して頂きます。

まずは王道、ドラムトラックをリアルタイムレコーディングで打ち込んでいきます。



Impact LX49+のパッド部分を使い、バスドラに始まりスネアやSE音などを全てリアルタイムでレコーディング。ループすることによってどんどんビートが固まっていきます。
全部で8トラックくらい使うとのこと。



からのシンセコードを打ち込む小南さん。
「普通はベースにいくところだと思うんですけど、シンセからなんですね?」との藤本さんからの質問に、「私はドラムの次はベースじゃなくていつもコード感のあるシンセからなんですよね」と小南さん。曲作りも十人十色ですね!

使う音源はStudio One内プラグインの「maitai」
なんと今回使うシンセ音はmaitaiを開いたときデフォルトで最初で出てくる音源とのこと!!!
「手抜きではないんですよね?(笑)」と思わずツッコむ藤本さんでしたが、小南さん曰く「いろいろ試した結果これが一番よかった」そう。そういうこともあります。

他にもKOMPLETE内のピアノ音源や、EDMなどのエレクロトニック・ミュージックの制作には欠かせない「BATTERY」をよく使うとのことです。

その後シンセリードや諸々を重ねつつ、どんどん曲が完成していき、、
いよいよボーカルのレコーディング。



本当にこの場で!!レコーディングしているため、小南さんにはオケとリバーブがかかった自分の声が聞こえていながらもそれ以外の全員にはリアルな生声のみ聞こえるという、小南さんには相当なプレッシャーがかかるような瞬間だったと思うのですが、、
生歌がもんんんんのすごくうまかったです。
恐らく私が一番このイベントで驚いたのはこの瞬間だったと思います。そのくらいうまかったです。

楽曲全てのトラック数は多くて32ぐらいかな、という小南さん。
その中の10トラックぐらいがボーカルだそうです。
メインボーカルとそれに沿ってリバーブを深くかけたものを重ねたり、また今回の楽曲ではサビで合いの手のようなものを入れたりで、ボーカルには力を入れているようです。

ボーカルに使うプリアンプで小南さんが愛用しているのが、
今回メインにご紹介しているApollo Twin MK2で使えるプラグインである、

Neve / 1073



と、コンプレッサーの

Universal Audio / 1176



小南さんの「適当にかけてもかっこよくなる!」との声に対し、藤本さんも「そこがヴィンテージのすごいところだよね」とコメント。その後ヴィンテージ機材に対する愛を数分語ってらっしゃいました(笑)

ちなみに上記のNeveの1073、実機で買うと今だとおよそ100万はするだろう代物なのですが、このプラグインは3万ちょいで手に入っちゃいます。
加えてプラグインはNeve公認。間違いないクオリティです。

その後ボーカルが埋もれないようにする方法(埋もれがちなシンセパッドのイコライジングを、自分の声域である400〜500kHzあたりを下げる)などなど……
ここだけで聞ける話を聞かせて頂き、またいろいろ実践して頂いたあとに、いよいよ、

ライブであります!!!!





先ほどゼロから作り始めて、やっと曲になった出来立てホヤホヤのものを聴けるという貴重な体験。
お客様方も小南さんに合わせて手を上げちゃうくらいの盛り上がりようでした!!



イベント終了後のお二方。ありがとうございます!!


さて、最後にイベントに使用された機材をご紹介。

Universal Audio / Apollo Twin Duo




商品ページはこちら!


Nektar / Impcat LX49+




商品ページはこちら!


sE Electronics / X1 S STUDIO BUNDLE




商品ページはこちら!



また、12月31日までの期間限定で(近々ですみません!!!!!!)

Apollo Twinシリーズお買い上げで
$1096分のプラグインが無償提供!!!! されちゃったり
APOLLO RACKシリーズお買い上げで
UAD-2 SATELLITEがプレゼント!!!!! されちゃったりする超豪華キャンペーンが開催中!!!

詳しくはこちら!!!

※2018/1/1
!!!!!追記!!!!!


上記キャンペーン2種のうち、
「APOLLO RACKシリーズお買い上げでUAD-2 SATELLITEプレゼント」
今年3月31日まで延長されるとのことです!!
このオトクすぎる機会に是非!!


ちなみに現在池袋店には
・Apollo Twin MK2 DUO
・Apollo Twin MK2 QUAD
・Apollo 8p

上記3点在庫しております!!

更にちなむとApollo 8pは
特価販売中です!!!!!!!!!!
商品ページはこちら!!!

大きな声では言えませんが店頭でお買い上げ頂いた場合はもう少し安くできる・・・・でき・・・でき・・・る・・・かも?
なので、もし気になる方いらっしゃいましたらドシドシ!お問い合わせください!


〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-50-35 P’PARCO7F
(年中無休 通常営業時間11:00-21:00)
TEL 03-3980-1484 FAX 03-3981-6317
MAIL ikebukuro@ishbashi.co.jp


お待ちしておりますっ


※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

池袋店のブログ こちらもお読みください

▼▽期間限定でOB-6が展示中▽▼
1ヶ月以上
ROLAND D-50も復活か?Boutiqueシリーズから登場!
1ヶ月以上
▼▽Minimoog model D 本日より展示開始です▽▼
1ヶ月以上
▼▽池袋限定!オトクなデジタル製品を一挙ご紹介▽▼
1ヶ月以上
▽▼Roland/FAシリーズより新機種FA-07が登場▼▽
1ヶ月以上

こちらの記事もあわせて読まれています(ベータ版)

ペダルホリック福袋2018販売開始!!![新宿店]
21日前
Gibson Custom Shop Order Guitarの世界[御茶ノ水本店]
20日前

池袋店 店舗情報

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-50-35
P'PARCO 7F

03-3980-1484

メールフォームはこちら

営業時間

AM11:00-PM9:00

店頭写真
地図

アクセス方法

●JR・東京メトロ・私鉄各線池袋駅より徒歩1分。

駐車場

●P'PARCO駐車場:有料(600円/1h)
●当店でのご利用金額2,000円以上で1時間、10,000円以上で2時間まで無料
●その他、池袋東口公共駐車場、西武百貨店駐車場、メトロポリタン駐車場もご利用いただけます。

池袋店 新着情報

池袋店 ブログ