楽器の品揃え日本最大級!ギター、管楽器、ドラムなど新品、中古楽器、欲しい楽器がお得に見つかる!

バンドレンリード吹き比べます。*ジャズ編*

01/02 (土)[ 梅田店 ]

リード徹底比較第2回!見て触って吹き比べます!





新年明けましておめでとうございます!

梅田店管楽器担当 須谷でございます!



なかなか気軽にお出かけも出来ないお正月となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私も今年は巣籠りのために難しいと名高いゲームを買ってチャレンジしてみましたが、難しすぎて全然進みませんでした...





446294 B



さてさて今回は前回に引き続き...
バンドレンのアルトサックスリードの比較企画第二弾!



前回はクラシック向けのリードをご紹介しましたが今回はジャズ向けリードにスポットを当てていきます。




504318B



緑色のJAVA(以後、緑JAVA)と赤色のファイルドカットのJAVA(以後、赤JAVA)、
ZZ、そしてV16の4種類を見比べ、触り比べ、吹き比べていきますよ!




まずは前回と同じくメーカーサイトの図をお借りして、それぞれの削り方や厚みの残し方を見ていきます...



と、その前に!前回のおさらいです。




ファイルドカットとアンファイルドカット、覚えていますか?




371370 <br>B



リードの加工部の根本(U時に削られている部分)のまわりの表皮が、1本線を入れるようにまっすぐ削り取られているのがファイルドカット削られていないのがアンファイルドカットというお話でした。

この写真の場合は左側がファイルドカット、右側がアンファイルドカットになります。

この辺りは前回詳しくご紹介しているので、それって何?という方はぜひぜひ前回の記事も読んでみてくださいね!



前回の記事はこちらです!

https://www.ishibashi.co.jp/windpal/detail/25239





102868 B

127972 B

(下段左端の「FILED-RED CUT」と表記されているのが赤JAVA、その隣のJAVAとだけ表記されているのが緑JAVAです!)



まずはざっくり、クラシック向けとジャズ向けで削り方がどう違うのかを見比べてみます。

弓上の線は尖っているほど中心部に厚みがあり、そのサイドの斜面が薄くなるという意味です。


下段のジャズ向け4種類は、特にV12やV21と比べると、中心部に厚みがあまり残されていないのがよくわかります。

これによってリードがより自由に振動するようになり、ジャズやポップス、ロックといったパワフルな演奏が可能になるというわけです。



ジャズはクラシックと比べると、マウスピースをやや緩めに加えたり、人によって演奏スタイルが異なる場合があるので、それによっても得られる音色が変わってきます。

そんなスタイルの自由さもジャズの魅力のひとつなのかもしれませんね。



今回ご紹介するジャズ向けリードは...赤JAVAのみがファイルドカットです。

アンファイルドカットのリードは主にジャズ向きの音色と言われているので、

今回はアンファイルドカットが多めです。



127972 B



それでは続いてジャズ向けを中心に見ていきます!



ファイルドカットの赤JAVAは表皮の削り方だけでなく、緑JAVAと比べてやや中心部が厚めで、サイドが薄くなる削り方になっています。

緑JAVAは、全種類で比較しても一番削り方がなだらかですね。

柔軟で、最大限振動する部分の幅が広いので反応の良さが特徴とされています。

あとはリード先端の角がやや立っています。

ZZV16はよく似ていますが、先端にかけてZZの方がなだらかで、V16は中央がやや厚めといった感じです。





349269 B




続いて現物チェック。

左から緑JAVA赤JAVAZZ

V16です。
削り図と同じ順で並べるべきでしたね...スミマセン



前回同様、中心部の厚みは触ってみても何となくわかります。

今回は赤JAVAが顕著に違いを感じました。

こうみると表皮の削り方もけっこう個体差ありますよね~





361094 B



そして裏面チェック。

前回のV12やV21同様、下の方に種類を書いてくれていますね。

緑JAVAと赤JAVAはどちらも「JAVA」としか書かれていませんが、

ファイルドカットかアンファイルドカットかで、赤か緑かを見分けることができます。





さてさて今回もこの時間がやってまいりました。


お待ちかねの吹き比べタイムでございます。




(私は残念ながらサックス吹きでは無い為、ここは意欲と気合で吹き比べていきます。

お手柔らかにご覧いただければ幸いです...!!!)




今回も前回同様、マウスピースはセルマーのS80 C*、リガチャーもセルマーのもの、本体はYAMAHAのYAS-62にて吹き比べを行っていきます!



(ちなみに今回、諸事情により硬さは全て「3」にて比較を行っております。

ジャズとしては少し硬めのチョイスですが、リードの硬さによるものと思われる部分はできるだけ省いてレポートにしております!

あくまで須谷の主観によるものですので、一意見として参考程度にご覧いただけますと幸いです。

ご来店の際はぜひ皆様の印象もお聞かせくださいませ!!)






赤JAVAから順番に見ていきます!



190187 B



赤JAVA

ファイルドカットということもあってか、今回の中では最も明るい音色。

華やかでパワフルな音楽に向きそうです。





198099 B



緑JAVA

削り方からも何となく予想したとおり、反応は今回の中で一番良いように感じました。

音によっての鳴りムラが少なく、響きも豊かな印象です。





188420 B



ZZ

今回の中では最もハスキーな印象でした。

深みのある音色で、しっとりとしたバラードとか聞きたい音ですね...

追憶のテーマとか....(個人の感想)





187761B



V16

JAVAと比べるとややハスキー寄りな印象ですが、ZZともまた雰囲気がかなり違うと感じました。

シャリシャリした感じの音がします。高音域の伸びが個人的に好みです。





250337 B



以上、それぞれを吹き比べた感想でした!



正直、今回は前回と比べるとやや難しい比較となりました...!!

というのも私自身、ジャズに不慣れということもあり吹き方から模索することに...。



吹き方も勉強しつつ何度か吹き比べるうちに、徐々にそれぞれの個性を感じられるようになりました。

リードだけでもかなり音色の系統が変わってきますし、さらにリガチャーなどによっても音色が大きく変わってくるのはすごいですよね。

(私事ですが先日かなりいいお値段のリガチャーを試させて頂いたところ、その違いにびっくりでした...)




リード選びは音色に大きく直結するのはもちろん、演奏の快適さにも繋がります。

「今まで同じリードしか使ったことないなぁ...」というそこのあなた!!!

冒険してみると楽器ライフがさらに豊かになるかもしれませんよ!!!



331238B



いきなり一箱買うのは勇気がいる...という方は、梅田店にはリードのバラ売りコーナーもございます!

1枚からお気軽に色んなリードをお求め頂けるのでぜひご利用ください!





それではっ!!



305000 B



皆様の相棒と呼べるリードが見つかりますように!



最後までご覧いただきありがとうございました!




※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

梅田店のブログ こちらもお読みください

B.Air Bird Strap その② カラーオーダー編
1ヶ月以上
たかがストラップ!されどストラップ!!
1ヶ月以上
バンドレンリード吹き比べます。*クラシック編*
1ヶ月以上
WINDPAL SAXがスゴイ!
1ヶ月以上
『吹奏楽器ワンコイン調整会 at 梅田店』開催致します♪
1ヶ月以上

梅田店 新着情報

梅田店 ブログ