楽器の品揃え日本最大級!ギター、管楽器、ドラムなど新品、中古楽器、欲しい楽器がお得に見つかる!

Gibson Acoustic J-15 vs J-45 Studio

2018/09/30 (日)[ WEBSHOP ]

ギブソン アコースティックのエントリーモデルを比較!

◆この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
皆様こんにちはー♪イシバシ楽器WEB SHOPの納富(元御茶ノ水本店Harvest Guitars副店長)です。なかなかブログを更新できずにいましたが、ようやくWEB SHOPにもGibsonアコースティックギターが続々と入荷してきましたので、なんとか更新できました!Harvest Guitarsの白井店長も忙しいようでなかなかブログを更新してくれません(泣)ので、そそくさと私がGibsonアコースティックのブログを更新いたします(笑)

215919 B


今回は、Gibson Acousticのエントリーモデル「J-15」と、2019モデルで新たにお目見えした「J-45 Studio」を比較してみたいと思います。

まずは共通点から、
・スプルースTop、ウォルナットSide/Backのオール単板ラウンドショルダー
・スキャロップドXブレーシング
・にかわ接着のダブテイルNeckジョイント
・ニトロセルロース・ラッカーフィニッシュ(グロス)
・24-3/4"ギブソンスケール
・指板材及びブリッジ材がウォルナット

このようにウォルナットをフィーチャーしたラウンドショルダーという点で共通しており、今後も比較検討されるかたが多くなるかと思います。

それでは、この2モデルの相違点をご紹介しましょう!
247277 B


1.Body厚の違い
J-15・・・約96-122mm
J-45 Studio・・・約90-101mm
179111 B

だいぶ違いますねー。J-15はレギュラーのJ-45 Standardと一緒の胴厚ですが、J-45 Studioはやや薄胴になっているわけです。

2.ロゼッタの違い
J-15・・・ダブルリングで内側のリングにはきれいに輝く”アバロン”を入れています。
341150 B

J-45 Studio・・・シンプルなシングル(1)リングです。
247706 B


3.ブリッジの形状の違い
J-15・・・レクタンギュラー(長方形)
273814 B

J-45 Studio・・・アッパーベリー
214693 B

J-45 Studioのほうは、J-45という名もついていることもあってか、J-45 Standardと同じくアッパーベリーになっていますね。

4.Neck材&プロファイルの違い
J-15・・・2ピースのメイプルで、継ぎ目にウォルナットのストリンガー、スリムテーパープロファイル
199429 B

J-45 Studio・・・マホガニー、Advanced Responseプロファイル
137790 B

J-45 Studioのほうは、やはりJ-45という名もついていることもあってか、J-45 Standardと同じくマホガニーNeckになっていますね。そして、Neck ShapeはJ-45 Studioのほうがやや三角気味のShapeになって、ウェスタングリップの際僅かではありますが握りやすいかもしれません♪

5.指板ラディアスの違い
J-15・・・12"R
162800 B

159387 B


J-45 Studio・・・16"R
88743 B

169840 B

伝統的なJ-45やHummingbirdは皆12"Rがついた指板になっていますが、J-45 Studioはよりフラットになっており、2017モデルのハイパフォーマンスシリーズや2018モデルのアヴァンギャルドシリーズと同様になっています。
画像だと12"Rと16"Rとでは差が分かりにくいかもしれませんが、Rゲージを重ねてみるとこんな感じで違いがでてきます。上(表)が12"Rで、下(裏)が16"Rです。
74112 B

実際に演奏するとよく違いが分かりますよー♪

6.ピックアップの違い
J-15・・・L.R.Baggs Element
J-45 Studio・・・L.R.Baggs Element VTC
223531 B

J-15はVolumeコントロールのみで、J-45 StudioはVolumeとToneのコントロールも可能です。

7.ヘッド形状とペグの違い
J-15・・・Advanced Jumboタイプのヘッド形状で、ミニロトマチックペグ
J-45 Studio・・・J-45タイプのヘッド形状で、ロトマチックペグ
158125 B

177302 B


8.サウンドの違い
2本弾き比べてみると良く違いが分かります。
J-15のほうは往年のラウンドショルダーらしい力強い鳴り、音圧・音量が特徴です。
一方、J-45 Studioのほうは特にアルペジオなどを弾くと分かりやすいですが、やはりレスポンスが良いです!J-15ほどの力強さはありませんが、繊細なフィンガーピッキングやアルペジオが心地よく響いてくれます♪もちろんストロークもイケますよー!


是非ご検討くださいませ!
商品ページは以下の画像をクリックして覗いてみてください♪

☆Gibson / J-15 Walnut Burst 【Limited Edition 2018】
391159 B


☆Gibson / J-15 AN (Antique Natural) 【2018モデル/実物画像】【期間限定!感謝セール特価!】
401249 B



☆Gibson / J-45 Studio 2019 AN(Antique Natural) 【Studio Series】
365562 B



今なら、付属のハードケースに加えて、Gibsonロゴ入りギグケースもプレゼント!!※セール特価品は対象外です。

63977 B


さらに、ショッピングクレジット48回まで金利手数料無料です!!
99413 B



納富 悦郎 -プロフィール-

1981年生まれ。元御茶ノ水本店Harvest Guitars副店長兼弊社Gibsonアコースティック担当。中学時代よりギターを始め、10代の頃はバンド、20代の頃はDTMでの作曲活動(CS放送のとある番組のエンディング曲も担当)、30代に入ってからは原点回帰でギターを楽しむ。
イシバシ楽器に入社してからはデジタル、スクール、ドラム、ギター、買取などを担当し、WEB SHOP在籍時より本格的にアコースティックギター担当となる。
Gibson/Martin/Taylor/Cole Clark/YAMAHAなどの主要ブランドのファクトリーツアーや現地買い付け、オーダーなどを経験。
フェイバリットミュージックは'90年代のビーイング系、アメリカンロック、ロックフュージョンなど。フェイバリットギタリストはRichie Kotzen。


※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

WEBSHOPのブログ こちらもお読みください

平和の象徴”ダブ”が飛び交う芸術的なギブソン アコースティックギター!
1ヶ月以上
新年一発目は重低音が響くGibson 1942 J-45 Legendで!!
1ヶ月以上
まるで3Dを見ているかのような錯覚に陥る極上個体!
1ヶ月以上
イシバシ楽器オリジナルオーダーのTaylor 極上のT5を!
1ヶ月以上
エレクトリック・アコースティックギターの異端児Ovation!
1ヶ月以上

こちらの記事もあわせて読まれています(ベータ版)

10万円前後の高クオリティのアコギをご紹介!![新宿店]
1ヶ月以上
エレクトリック・アコースティックギターの異端児Ovation![WEBSHOP]
1ヶ月以上
アコギを良い音で鳴らすには?[心斎橋店]
1ヶ月以上

WEBSHOP 新着情報

WEBSHOP ブログ