楽器の品揃え日本最大級!ギター、管楽器、ドラムなど新品、中古楽器、欲しい楽器がお得に見つかる!

ざっくり解説Fractal Audio Systems Axe-Fx IIIその2

07/24 (火)[渋谷店]

担当がざっくり新製品をご紹介!!

いつも石橋楽器渋谷店をご利用頂きまして、誠にありがとうございます!
EF担当 加涌でございます!!
86810 B

さて、先日に引き続き、ざっくり解説Fractal Audio Systems Axe-Fx III!

前回のハードウェア偏は⇒ざっくり解説Fractal Audio Systems Axe-Fx III ハードウェア偏

今回はAxe-Fx IIIのScean(シーン)とChannel(チャンネル)機能について、触れて行きたいと思います。

○ Fractal Audio SystemsにおけるScean(シーン)とは?
こちらは店頭でもよく質問される機能でございます。なので、ざっくりと解説していきましょう!
まずは、SceanとPresetについて。Presetは今までのマルチエフェクターでは主として使われていた機能なので、ご存知の方も多いと思います。
ここでFractal Audio Systemsでのプリセットを二つ、画像でご用意いたしました。
(画像はFractal Audio Systems Axe-Fx II XL+のEDIT画面です)
135351 B

133768 B

上の画像はPresetナンバー0、下の画像はPresetナンバー122の内容となっております。配置されているエフェクター、また配線の仕方が全然違うのがお分かりいただけるかと思います。
このサウンドシステムそのものを構築したものがいわゆる、Preset機能になります。

続いては、Fractal Audio SystemsのSceanについてです。
今回はPresetナンバー0でScean機能についてご紹介します。
まずは、下の画像を見比べてみて下さい。
Scean1
135351 B

Scean2
137745 B

この変化に気づいて頂けましたでしょうか?
Presetは同じなので、ブロックの並び順は全く同じですが、オンになっているエフェクターが変わっています。Scean機能を使用する事で、同じPreset内で簡単にエフェクトのON/OFFをコントロールすることが可能となっております。
従来のマルチエフェクターでは、これがなかなか面倒な作業になってしまいます。この作業をする時、一つ気に入ったプリセットを作って、それをコピーして、コピー先のプリセットでエフェクトを足したり引いたり・・・そんな経験があるかと思います。
ですが、Fractal Audio Systemsではそんなことをしなくても、このScean機能を使えば、楽?にサウンドシステムを構築、コントロールが可能です。
また、Presetを切り替えは、その都度Presetを読み込むので、その読み込み時間(とは言ってもそんなに長くはありませんが)が気になる・・・そんなケースもあったかと思います。Scean機能では同じPreset内でON/OFF等の作業をするので、すぐにセットアップが可能です。
加えて、Axe-Fx IIIではSceanそのものに名前を付けて保存が可能となりました!今後発売される専用コントロールスイッチ、FC-6、FC-12の小さい画面の方にも、その表示が出るのでは!?と、ちょっと期待してしまいますね。
103357 B

ちょっと話は脱線してしまいますが、このFC-6、FC-12について、海外サイトを読んでいくと・・・プリセット、シーン、チャンネル、エフェクトバイパスなど、あらゆる機能の組み合わせを設定することができるそうです。
また最大4台までFCシリーズフットコントローラをデイジーチェーン接続して、FC-12であれば、最大48個のスイッチを一度に接続・・・・48個のスイッチが並んだところを是非見てみたい←。まだ情報が多くないこの専用スイッチですが、今後の情報が楽しみですね!

さて、いよいよFractal Audio Systems Axe-Fx IIIでのChanelの解説・・・に行く前に、これを説明する上で欠かせない、前機種のX/Y機能について簡単にふれます。
内容としては、先程のPresetナンバー1のアンプセクションを使ってご案内します。
まずは、下の画像を見比べてみて下さい。
X
123220 B

Y
125086 B

画面の中で、AMPマークの脇にX、Yがそれぞれ点灯しているのがお分かりいただけるかと思います。そのまま、画面右側のそれぞれの値を見比べてみて下さい。それぞれ、EQの値等が変わっていませんか?
前機種では一つのブロックの中で異なるセッティングを2つ保存し、これもScean機能を使って、変更する事ができました。エフェクトブロックのON/OFFどころか、保存された2種類のパラメータが呼び出し出来たわけですね!

Fractal Audio Systems Axe-Fx IIIのChannelは、このX/Y機能を拡張した機能となっております。前機種ではX/Yの2パターンだったのですが、Axe-Fx IIIではA/B/C/Dの4パターンまで完全に独立して設定が可能となっております。

ではここまでで、SceanとChannelについてまとめておきましょう!

★【Scean】で出来ること
・プリセット内の全エフェクトブロックのON/OFF
・ プリセット内の全エフェクトブロックのChannel切り替え
※ ブロックのパラメータそのものは変更できません。あくまでも、Channelに変更、保存されたパラメータを呼び出す機能です。(シーンコントローラーは除きます。シーンコントローラーについては、またご紹介致します。)
★【Channel】で出来ること
・ブロックのパラメーターを4つまでそれぞれ個別に設定可能

といった感じになります。

最後はおまけとしてFractal Audio Systems Axe-Fx IIIのエディター画面をご紹介!
148963 B

大きく変わったわけではありませんが、従来のエディターよりかっこよくなってますね!

さて、毎度毎度、駆け足ではありましたが、Axe-Fx IIIのScean(シーン)とChannel(チャンネル)機能について、簡単にざっくりとご案内させて頂きました!
また、情報は随時更新してまいりますので、お楽しみに!

また、Fractal Audio Systems Axe-Fx IIIのご予約は店頭、WEBにて承っております!
Fractal Audio Systems Axe-Fx III WEBからのご予約はコチラ

↓↓弊社特集ページもございますので、是非、ご覧下さいませ!!↓↓
Fractal Audio Systems Axe-Fx III 特集ページ

お問い合わせ先:
イシバシ楽器渋谷店
〒150-0042 渋谷区宇田川町31-2 渋谷BEAM 2F
TEL: 03-3770-1484
営業時間 11:30?20:30


※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

渋谷店のブログ こちらもお読みください

AXE-FX III周りをアップデート致しましたよ!~エフェクターフロアからこんにちは ver.EX~
4日前
ワクワクするペダル ~エフェクターフロアからこんにちは vol.6~
14日前
Fractal Audio Systems/AXE-FX III研修を受けて参りました!
18日前
Fractal Audio Systems / Axe - FX III  近日大量入荷予定!
20日前
リミテッドカラー!!Galactic Eclipse!!
23日前

こちらの記事もあわせて読まれています(ベータ版)

FRACTAL AUDIO SYSTEMS / Axe-Fx III徹底解説![新宿店]
1ヶ月以上
Fractal Audio Systems / Axe - FX III  近日大量入荷予定![渋谷店]
20日前

渋谷店 店舗情報

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町31-2
渋谷BEAM 2F

03-3770-1484

メールフォームはこちら

営業時間

AM11:30-PM8:30

店頭写真
地図

アクセス方法

●JR・東急・東京メトロ渋谷駅より徒歩5分。

駐車場

●渋谷BEAM駐車場:有料

渋谷店 新着情報

渋谷店 ブログ