楽器の品揃え日本最大級!ギター、管楽器、ドラムなど新品、中古楽器、欲しい楽器がお得に見つかる!

実演!!Sadowsky Slap Master Bassを使ってレコーディング&動画撮影してみました!

6/15 (金)[渋谷店]

実演!!Sadowsky Slap Master Bassを使ってレコーディング&動画撮影してみました!


渋谷店の福田です😎
サドウスキーの新製品、スラップマスターシリーズが発売になってはや2ヶ月。
皆様もうお試しはされましたでしょうか。

スラップマスターの基本仕様や、既存のメトロラインとの違いはこちらの記事で掘り下げていますのでご参照ください。


そして、今回はその続編、実用編ということでスラップマスターを使って
動画の撮影とProtoolsを使ったレコーディングにトライしてみました!

昨今のDTM機材の普及により 、プレイヤー自らが自宅で録音作業をすることはもはや当たり前のようになりつつあります。
本格的なレコーディングスタジオであれば高品質な録音が出来るのは当たり前ですが、
その予算も時間も無い、、そうだ!宅録しよう!そんな状況を想定した今回のコンテンツです。
宅録に興味はあるけどした事が無いというベーシストにとって少しでもご参考になれば幸いです!


Sadowsky / Metroline Series Slap Master MV4 Natural


Sadowsky / Metroline Series Slap Master RV5 59-Burst


Sadowsky / Metroline Series Slap Master RV5 OWH

【使用した機材】
PC:Mac Book Pro
DAW Soft:ProTools10
Audio Interface:RME Baby Face
Mic Preamp:Black Lion Audio B173
Direct Box:Rupert Neve Design RNDI
Bass Instruments Cable:Nude Cable Type-B


当日は私物のPCとオーディオインターフェイスをお店に持ち込んで録音しました。
ノートPCであればフットワークの軽さも魅力のひとつになります。
そして楽器用のケーブルはNUDE CABLEのTYPE-Bも私物です。
音の最初の出力地点を担うケーブルなので堅実さとダイナミックレンジの広さに定評のある
物を選びました。

DIは音響屋さんだけでなくプレイヤー個人としての所有率急上昇中のトレンド、
Rupert Neve DesignのRNDIを使用してみました。
プラグインした楽器に絶妙な艶感が足される、所謂ニーヴテイストを手軽に味わえる
ベストヒット商品です。色付けはあるものの極端ではないところが扱いやすさの秘訣かと思います。

マイクプリアンプはBlack Lion Audio B173を使用してみました。
こちらのプリアンプもニーヴインスパイア系の音色ですが、
ライン録りのみの条件下(アンプのマイキングをしない)では特に効果的でした。
角が取れ、より立体的な音に仕上げることができるでしょう。

【DAW上でのミックス処理】

今回のトラックはスラップやタッピング等、音数の詰まった
モダンなベースサウンドをフィーチャーした内容になっているので
原音の忠実性には拘らず、「らしさ」をどれだけ表現できるかというテーマで仕上げました。

そこで比較的簡単にモダン感を出すにはと考えた結果、
Sansamp PSA-1のプラグインで歪ませたトラックを別個で作り、
原音に対して10%の割合で混ぜてみました。

コンプレッサーも歪んだトラックにはしっかりとかけ、
原音のトラックはEQ処理も含め必要最低限にとどめて音作りをした事がポイントでしょうか。

【スラップマスター、ここが良かった】

インターフェイスに入る前段階で、アクティブプリアンプ搭載の楽器だとしても音の硬さが際立ってしまう事が多いです。
そんな中でもサドウスキーのプリアンプ、特に低音域側のブーストを掛けた時の艶やかで音楽的な持ち上がり方
非常に安心感があり、これは正に宅録規模の環境でもハイクオリティな音源になるだろうなという印象を受けました。
今回のレコーディングで楽器側のEQは約30%ほどブーストしています。というかしたくなりますね。サドウスキーマジックです。

音数が多くてもスラップマスターに施されたセットアップであれば
快適に演奏できると思います。
5弦モデルの音源を聴いて頂けると分かりやすいとは思いますが、
Low-B弦をサムピングヒットした音もしっかりと際立って聴こえてきます。
ローアクションでありながらタイトな弦振動、楽器の精度が問われる部分ですね。
スラップマスターはしっかりとその点をクリアできているでしょう。

普段ベース以外の楽器を担当するプレイヤーがアレンジ、作曲をする場合にも
このローアクションは非常に心強いのではないでしょうか。

是非とも沢山のミュージシャンにお試し頂きたいベースです🤔


※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

渋谷店のブログ こちらもお読みください


渋谷店 店舗情報

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町31-2
渋谷BEAM 2F

03-3770-1484

メールフォームはこちら

営業時間

AM11:30-PM8:30

店頭写真
地図

アクセス方法

●JR・東急・東京メトロ渋谷駅より徒歩5分。

駐車場

●渋谷BEAM駐車場:有料

渋谷店 新着情報

渋谷店 ブログ