Eppelsheim Soprillo(ベネディクト・エッペルスハイム ソプリロ)サックスの紹介

WINDPALSHIBUYA_EAST

Eppelsheim Soprillo
超かわいいサックスが中古で入荷してきましたので紹介いたします。管の長さはメジャーで測ったところ309ミリ、管体重量は371グラムと言うミニマムサイズのサックスです。ソプラノサックスの1オクターブ上から始まる超ハイノートが出せる楽器です。
ベネディクト・エッペルスハイムと言うドイツのミュンヘンにある工房で作られているソプリロ(ピッコロサックス)と言う楽器になります。

全体形状です。
全長309ミリで管体重量は371グラム低音といってもソプラノの中音Bbから2オクターブ上の超高音Ebまでのkeyが付いています。
288286 B

管体の刻印はこのような感じです。
305021 B

上部の拡大です。なんと本来はネックに付くはずのオクターブkeyがあまりにも全長が短いのでマウスピースに小さな穴を付けて開閉する仕組みになっています。
High D、High Eb keyが付いています。指貝の間隔もかなり狭くなります。
277213 B

管体の中部拡大です。LOWkeyのテーブルkey、Bbサイドkey、LOW Eb、Ckey、F#トリルkeyが付いています。
296058 B

管体下部の拡大です。ベルは構えた時に上向きになるように整形されています。
293195 B

左側面の形状です。管体が細いためサムフック、サムレストが巨大に見えます。ベルは横から見るとこのような形状になっています。
284899 B

管体上部裏の拡大です。パームkeyの裏面はハンドメイド感が出ています。
294059 B

管体中央部の裏面です。サムフックとサムレストの距離がこんなに近いのは管体がいかに短いかが分かります。サイドkeyはHighE、HighFが無いためBbのみとなっています。
287941 B

管体下部の裏面です。タンポは革ではなく合成の柔らか目の素材で作られています。
290622 B

奏者からみた管体右側面です。第2オクターブkeyはなんとマウスピースに取り付けられています!
288146 B

第2オクターブkeyの拡大です。通常のサックスと同じでオクターブAの音から切り替わりマウスピースに取り付けられた板状のオクターブkeyが開きます。
288285 B

BbサイドkeyとF#トリルkeyの形状です。
280450 B

ベルの形状は僅かに音が上向くように整形されています。手彫りの彫刻が施されています。
287947 B

専用のケースはごくシンプルなハードケースです。
292769 B

この楽器を作っているエッペルスハイムのホームページにはドイツ語、英語、フランス語、そして日本語を選べるようになっていて工房の紹介文が下記のようになっています。
【ミュンヘンにあるベネディクト・エッペルスハイムの工房ではソプリロ(B♭管のピッコロサクソフォーン)やチューバックス(Es管のコントラバスサクソフォーン)等の高音、低音の木管楽器に特化しています。】
とてもユニークな工房です。
ソプラノ、アルト、テナーを一応吹いている筆者がこのソプリロをクラリネットリードを短く切って試してみた所オクターブ上のAあたりから音にならずお手上げ状態でした。バリサクが結構お上手な【さかなクン】もユーチューブでチャレンジしているのを見ましたがやはりかなり苦戦していました。
エッペルスハイムのホームページにはソプリロについてこう表記されています。【可奏音域は記譜音 bb0–eb3 (実音 ab1–db4)  ソプラノサクソフォーンの1オクターヴ上 他のサクソフォーンと同じ指使いで演奏可能です  Eb-、 Ab またはドイツBb 管クラリネットやソプラニーノサクソフォーンのリードを使用 注意:ソプリロは、その極限的ともいえるポジショ ンと、強靭なアンブッシュアが必要不可欠である ため、熟練のプレーヤーにのみふさわしい楽器で あります】
そうなんです。強靭なアンブシュアが必要不可欠なのでフィジカルを鍛え音感を研ぎ澄まし、下唇を傷めないようリップロテクトや須川先生が推奨するクリーニングペーパーを折りたたんで下の前歯に被せてガードするなどして精進すれば楽器らしい超Highノートが出せるようになるのだと思います。
このソプリロを吹きこなせればソプラニーノ、ソプラノも楽ちんで吹けるようになるんだろうなと想像できますので挑戦してみて下さい。
サックスは調整がとても大切な楽器です。
サックスの音程を変える仕組みは沢山の穴を楽器に空けて閉じたり開いたりして音程を変えているので閉じた時に少しでも隙間が開いてしまうと音が出しにくくなったり、本来の音色が出なかったりしてしまいます。
SHIBUYA_EAST店は専属のリペアマンが常駐していますのできっちり調整、点検したサックスをお届け、お渡ししております。ご購入後の調整も保証期間中は無料で行なっておりますので是非お買い求めはSHIBUYA_EAST店をお選びください。スタッフ一同お待ち申し上げます。


※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

SHIBUYA_EASTの記事

ウィルソンのユーフォニアムが月々13,200円で買える夢のような話1ヶ月以上
アメリカンセルマー アルトサックス スーパーバランスアクション1952年製モデルについて1ヶ月以上
チューバ或いはテューバの話1ヶ月以上
ヤナギサワアルトサックス A-WO2とA-WO20の比較1ヶ月以上
選ばれし品、選定品っていいねっていう話1ヶ月以上
一流奏者のお墨付き!選定品ございます!1ヶ月以上
ヤマハ ソプラノサックス YSS-475とYSS-675の比較1ヶ月以上
セルマー アルトサックス SERIE II JUBILEEとSERIE III JUBILEEの比較1ヶ月以上
ヤマハ アルトサックス YAS-82ZとYAS-875EXの比較1ヶ月以上
ヤマハ アルトサックス YAS-62とYAS-82Zの比較1ヶ月以上