楽器の品揃え日本最大級!ギター、管楽器、ドラムなど新品、中古楽器、欲しい楽器がお得に見つかる!

テレキャスターのブリッジ編

2015/03/07 (土)[御茶ノ水本店]

テレキャスのオクターブ調整

◆この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

1950年の誕生以来、仕様変更やバリエーションを増やしながら、作り続けられている世界初の量産型エレキギター。テレキャスター。
ブリッジにも多くの仕様変更がありますが、テレキャスのブリッジで真っ先に思い浮かべるのはこのタイプですよね。
年代によって、サドルの素材や形状は異なりますが、所謂3WAYと呼ばれる1個のサドルに対して2本の弦を張るこのスタイル。
テレキャスらしさを生む要素の1つではありますが、各弦ごとにオクターブ調整ができず、ユーザーの悩みの種となっています。
今回は、そのお悩み解消パーツをご紹介させていただきます。

まずは、74年頃にフェンダーが交換用パーツとして発売した6WAYタイプ。

通常の3WAYと同タイプのベースプレートを使用しているため、重量を変えることなく各弦ごとのオクターブ調整が可能となっています。

次は、恐らく最も多くの利用者のいるこのタイプ。(画像はGOTOH GTC202)

分厚いベースプレートを使用することにより通常の3WAYと比較すると約2.5倍程重くなっており、高域を抑えつつ、低域の締まったタイトな音になるのもメリットの1つかと思います。
以上、6WAYタイプのブリッジとしてメジャーな2タイプを紹介させていただきました。

ここからは、3WAYでありながらオクターブチューニングが合うように改良されたブリッジをご案内させていただきます。
オクターブは合わせたいけど、3WAYの雰囲気を変えたくない方は是非。

ぱっと見は普通の3WAYですが、弦が通る溝をカットすることで1つのサドルの内に長短をつくり、通常の3WAYに比べ格段にオクターブが合いやすくなっています。


他にも一風変わった、可変式のサドルもあり、中心を軸に任意の位置に動かすことができます。


ただし、改良型3WAYも各弦ごとにオクターブ調整ができるわけではありませんので、オクターブチューニング最優先の方は、6WAYを。
3WAYの雰囲気を残したまま、オクターブチューニングを改善したい方は改良型3WAYを。

パーツを変えて、快適なテレキャスライフをお送り下さい。


※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

御茶ノ水本店のブログ こちらもお読みください

肌触りの良いコットン100%のTシャツをお探しの方へ!
1ヶ月以上
EVHからDAD HATが登場!これでいつでもEVHが身近に♪
1ヶ月以上
1963年のアメリカ発売以来圧倒的な支持を得ている、 現在でも定番のギター弦潤滑スプレーとい...
1ヶ月以上
細かなアクセサリーだけれど弾き心地に大きく関わるのがピック♪
1ヶ月以上
前回のメタルといえば.....に続きメタルフロアで取扱い中のLevy's製ストラップ!
1ヶ月以上

御茶ノ水本店 店舗情報

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2

03-3233-1484

メールフォームはこちら

営業時間

平日・土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:30〜19:00

店頭写真
地図

アクセス方法

●JR御茶ノ水駅より徒歩1分
●東京メトロ丸の内線 御茶ノ水駅、千代田線 新御茶ノ水駅徒歩2分

駐車場

●なし
最寄のパーキングをご利用下さい。

御茶ノ水本店 新着情報

御茶ノ水本店 ブログ