Vintage Sax / マーク7について

WINDPALSHIBUYA_EAST

◆この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。


マーク6よりパワーの出る楽器として開発されたモデルで、各パーツも大きく、太めになり、特にテーブルキーはかなり大きなサイズに変更されました。サウンドは味よりもパワーを求めた作りで、独特の粘りけのあるサウンドは大きな特長です。
製造された年は1974年位から1980年位までで、シリアル番号は22万番台から32万番台位になります。モデルチェンジはマーク6からスパッと切り替わったよではなく、22から23万番台はマーク6、マーク7がオーバーラップしているようです。

初期のマーク7はマーク6同様の彫刻が施され、右手のC.Ebキーは小振りになっています。

中期のモデルになると右手のC.Ebキーは大きくなっています。

後期のモデルになるとアメセル独特の彫刻は施されなくなり、彫刻なしのモデルのみとなりますが、アメセル特有の塗装の仕方で見分ける事ができ、フランスセルマーに比べ、音抜けは良くなっています。マーク7ならではのサウンドなので、テーブルキーが大きすぎるなど、欠点を上げる方もいるものの、ロック、フュージョンで根強い人気があります。


セルマーシリアル番号一覧はこちら


※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

SHIBUYA_EASTの記事

Eppelsheim Soprillo(ベネディクト・エッペルスハイム ソプリロ)サックスの紹介11日前
ウィルソンのユーフォニアムが月々13,200円で買える夢のような話20日前
アメリカンセルマー アルトサックス スーパーバランスアクション1952年製モデルについて1ヶ月以上
チューバ或いはテューバの話1ヶ月以上
ヤナギサワアルトサックス A-WO2とA-WO20の比較1ヶ月以上
選ばれし品、選定品っていいねっていう話1ヶ月以上
一流奏者のお墨付き!選定品ございます!1ヶ月以上
ヤマハ ソプラノサックス YSS-475とYSS-675の比較1ヶ月以上
セルマー アルトサックス SERIE II JUBILEEとSERIE III JUBILEEの比較1ヶ月以上
ヤマハ アルトサックス YAS-82ZとYAS-875EXの比較1ヶ月以上