Vintage Sax / マーチンの秘密: マーチンの歴史・特徴など

WINDPALSHIBUYA_EAST

◆この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。


MARTIN(マーチン)

アメリカ製で管体は肉厚がありストレートでヘビーウエイトなサウンドが魅力です。良い時期のマーチンはソルダードトーンホールの作りで強度もあります。マーチンはもともとコーンの社員だったこともありデザイン的な部分での影響が見られます。
1940年代に開発されたCOMMITEE MODELが代表的なモデルでバディテイトやアートペッパーなどが使用していました。日本には第二次世界大戦の終戦後、駐留米軍などから流れたものが一時、見られました。

モデルとしては

HAND CRAFT MODEL(ハンドクラフトモデル)は1940年代初期まで、シリアル番号は135000位まで。

COMMITEE MODEL(コミッティーモデル)は1948年から1958年位まで、シリアル番号は160000位から200000位。ビンテージサックスの中で一番ヘビーなサウンドを持つ楽器です。

MAGNA MODEL(マグナモデル)は1958年くらいから、シリアル番号は200000位から。


マーチンシリアル番号一覧はこちら

※画像はイメージです


※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

SHIBUYA_EASTの記事

Eppelsheim Soprillo(ベネディクト・エッペルスハイム ソプリロ)サックスの紹介5日前
ウィルソンのユーフォニアムが月々13,200円で買える夢のような話14日前
アメリカンセルマー アルトサックス スーパーバランスアクション1952年製モデルについて1ヶ月以上
チューバ或いはテューバの話1ヶ月以上
ヤナギサワアルトサックス A-WO2とA-WO20の比較1ヶ月以上
選ばれし品、選定品っていいねっていう話1ヶ月以上
一流奏者のお墨付き!選定品ございます!1ヶ月以上
ヤマハ ソプラノサックス YSS-475とYSS-675の比較1ヶ月以上
セルマー アルトサックス SERIE II JUBILEEとSERIE III JUBILEEの比較1ヶ月以上
ヤマハ アルトサックス YAS-82ZとYAS-875EXの比較1ヶ月以上