乾燥注意!!湿気の次はあいつがやってくる!!!

WINDPALSHIBUYA_EAST

◆この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
皆様こんばんは!!

やーーーーっとこさ湿気や暑さが去り、少し肌寒いと感じる時期がやってきましたね♪
(周りのスタッフは寒すぎといってますが・・・)

暑さに弱く寒さに強い私には絶好のお日和でございますヾ(*´з)(ε`*)ノ


さてさて楽器たちにも大敵であった湿気が去ったわけですが、、、

ここで油断してはならないのが乾燥

特に木製の楽器には気を付けて頂きたい季節でもあるのです。

そこでオススメがこちら

51864 B


最近木が白っぽいような気がする

木の筋(木目)が目立ってきた

などなど楽器の乾燥が気になるところに、ホコリや汚れを取った後

柔らかい布やスワブに少量含ませて外側や内側に塗ってあげるだけ。

あまり塗りすぎると埃を呼んだり、タンポやコルクに付着して劣化を早めてしまうので、

塗布する量には十分に注意して下さい。



湿気ではタンポが膨らんだり、

日中と朝夜の温度・湿度差で楽器の状態がガラリと変わるのって

よくありますよね!?

昨日は問題なく演奏できたのに、今日出なくなっちゃった!!?(;゚∇゚)/汗汗汗

必ずしも湿気のせいというわけではないですが、

結構影響力は大きいです。


そこで、冬は楽器に触ると冷やあぁっとしますよね。

フルート吹きなんか地獄ですよ、ほんとに( ´△`)

そんな楽器に暖か??い息が入ると管内で余計に水分が発生します。

夏だってなるべく水分は除去しながらちょこちょこスワブを通していたと思いますが、

冬こそ水分が多く発生し、外気が乾燥しているので木製の管体割れが起こりやすいのです!

真夏にクラリネットをしまおうとしたけど抜けなくなってしまったという経験のある方、

いらっしゃると思います。

目ではわからないけれどそれだけ木は収縮をしているんです!!

収縮の振り幅が大きくなった時に管体がその力に耐え切れず割れてしまうのです。

小さな割れなら修理で何とかできることはありますが、

場合によっては大掛かりな修理や故障に発展してしまうこともあります。

だから冬はいつも以上に水分の除去や楽器の管理に気を使って頂きたい季節。


しっかり管理して楽器と楽しく冬を乗り越えていきましょう♪



※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

SHIBUYA_EASTの記事

【動画】東京でチューバをお探しの方へ!渋谷EASTの在庫を一挙紹介!【チューバ】13日前
ブラック・シルバー・選定品!色々入荷しました!22日前
Bird Strap サックス奏者に人気のバードストラップ30日前
【音源サンプル動画】AKAI/EWI-4000S<追加音源版>1ヶ月以上
【動画】祝!渋谷EAST店オープン一周年を迎えられそう記念!1ヶ月以上
あの飴色のYTS-82ZASP最後の1本が入荷!1ヶ月以上
テナー82Z 「黒」・「銀」入荷しました!1ヶ月以上
<2/19更新>SELMER値上がり前の最終入荷!1ヶ月以上
【渋E1本】MEISTER ANTON / 431CC C管テューバ入荷しました!1ヶ月以上
ヤナギサワALTO久々の入荷!A-WO1、A-WO2、A-WO101ヶ月以上