楽器の品揃え日本最大級!ギター、管楽器、ドラムなど新品、中古楽器、欲しい楽器がお得に見つかる!

御茶ノ水ROCK SIDEの1995fx全部弾いてみた

2020/04/10 (金)[ 御茶ノ水ROCKSIDE ]

札幌発のハンドメイドエフェクターブランド「1995fx」を弾き比べ

◆この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
御茶ノ水ROCK SIDEの○○全部弾いてみた。
816998 B


第四弾は番外編??
趣向を変えてエフェクターをピックアップ!


札幌発のハンドメイドエフェクターブランド

「1995fx」

の現行4機種を弾き比べ!


・弾き比べルール
同じギター、同じアンプのセッティングですが「フレーズはサウンドに合わせて」の弾き比べとしました。

ではスタート!



一機目はSandy Drive II


MXR DISTORTION IIをベースにしたモデル、という所がブランドの個性を表しているのでは。
独特なコンプ感を持っており、ローゲインでのカッティングが気持ちいい....
手元でのVolumeの追従性も良好。
ゲイン上げ目でのリードサウンド→手元のVolumeを絞って作るクランチもGoodでした。

ハムバッカーでの使用もまた違う表情で..


ローゲインではコシのある質感で単音メロディーフレーズが心地よく弾けます。
ハイゲインやドライブと組み合わせても面白い。

二機目はPellucid II


透明感のあるドライブ、と言う事でいわゆるトランスペアレント系。
かなりしっかりと歪みつつ、芯は残るサウンドが印象的。
アンプのドライブや他エフェクターと組み合わせての使用もオススメです。

ハムバッカーでは...


キュピキュピッとしたアタックとヌケの良さ、バイト感が印象的。
ギターの美味しいところを持ち上げてくれます。
汎用性が非常に高いので、持ってて損は無し。

三機目はTo Calm


Marshall / SHRED MASTERを元にした...というところでまたマニアックなチョイス。
Counterノブの操作がキモで、Marshallらしい質感は持ちつつ操作性とサウンドがアップグレードされた印象。
5ノブで一見複雑ですが、直観的にガバッと音作り出来ちゃうので扱いやすし。
12V電源を使用する事で、よりハイファイで解像度の高いサウンドも可能との事。

ラスト、四機種目はin conceal


ラインナップで最も攻撃的なハイゲインドライブ。
コントロールはSandy Drive IIと同じ構成。
深く歪ませても輪郭と芯がしっかりと残る、現代的なサウンド。
こちらは18V電源まで対応しており、To Calmと同様によりハイファイなサウンドを出力可能です。


以上、現行四機種の弾き比べでした。
エイジドされたようなルックス、最近のエフェクターには珍しく使い込んでいっても味が出そうな塗装もポイント。

今回使用したギターは

Fender / American Original 60s Jazzmaster
Gibson Memphis / 50th Anniversary 1963 ES-335TD

アンプはMarshall / JVM205Cを使用し、セッティングは以下の通り。
2329906 B




今回ご紹介の1995fxの商品詳細はこちらから。


・編集後記

こんなタイミングなので、動画コンテンツも強化中。
これの音が聞きたい!というリクエストも出来るだけ応えます。

というわけでまた次回の御茶ノ水ROCK SIDEの○○全部弾いてみたをお楽しみに!


※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

御茶ノ水ROCKSIDEのブログ こちらもお読みください

こちらの記事もあわせて読まれています(ベータ版)

御茶ノ水ROCK SIDEの1995fx全部弾いてみた[御茶ノ水ROCKSIDE]
1ヶ月以上

御茶ノ水ROCKSIDE 新着情報

御茶ノ水ROCKSIDE ブログ