【9/30追記】話題の新製品 Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument レポート

工藤工藤WINDPALSHIBUYA_EAST

◆この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument

9日9日のRoland/BOSS 新製品発表会にて登場した

Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument

ソプラノ、アルト、テナー、バリトンの各サックスはもちろん、フルートやオーボエなどの管楽器、バイオリンやチェロなどの弦楽器、尺八などの民族楽器、Hard Leadなどのシンセサウンドまで網羅。

ブレス・コントロールは息の強弱への反応がとても自然で、タンギングへの反応もビッシビシで非常に気持ちいいです!

Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument

サックスと同じ運指で演奏ができるサクソフォン互換キー配列で、テーブルキィやサイドキィ、パームキィや右手の小指で操作するキィも装備。

キィ部分はAKAI EWIシリーズの「触ると反応するタイプ」ではなく、YAMAHAのWXシリーズのいわゆる「ボタンタイプ」ですが、押し込む深さはやや浅めで、早いフレーズ(動き)にもスムーズに対応できそうです。

オクターブキィはYAMAHAのWXシリーズに近い感じで、最大7オクターブの音域をコントロール可能です。

Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument

ちなみにEWIシリーズのオクターブキィはこのようなローラータイプ。



サムフックの近くには、音程や音色の変化が可能なスライド式のボタンが。

Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument

構えた状態での上下に動かすと微妙にピッチが上げ下げします。
EWIの右手の親指を置く部分と似たような感じですね。



さらに、構えた状態で横にずらすと、音色の変化が可能。

Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument

例えば、サックスの音色でこのボタンを横にずらすと、ブロウした音色に変化致します。
筆者も実際に操作してみましたが、強く吹き込んでボタンをずらすと確かにブロウに変化致しました。「横にずらす」という操作が最初はちょっと慣れないかもしれません。

音色の変更は「TONE」キィを押しながら「MENU」の下にある矢印ボタンを押して行います。

Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument

このあたりの操作方法はAKAI EWIシリーズに似ていますね。



マウスピース部分はリードがついていて、内部に高感度バイト・センサーを装備し、マウスピースを噛む力でビブラートやピッチの調整も可能。

Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument

外すとこんな感じ。センサーが入っております。

Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument

ちなみにマウスピースは交換可能で、専用の交換用マウスピースが別売にてございます。



それでは、9月9日に行われた新製品発表会でのデモ演奏をお聞きください。

まずはオーボエです。


次はチェロ。実はブレス・コントロールと弦楽器の相性がいいんだな、と発見!


次は尺八。思わず首を振りたくなるリアルさです。


4種類のサックスをユニゾンで重ねた「サックス・セクション」。

他にも複数の管楽器を同時に鳴らしてビッグ・バンドを一人で演奏できる「ブラス・セクション」も搭載しており、一人で何人も一緒に演奏しているような分厚い音色を奏でることが出来ます。

次はシンセサウンド。リード系の「Hard Lead」です。

この他にも「Saw Lead」や「Sqr Lead」など様々なシンセサウンドを演奏できます。

最後にソプラノサックスです。


発売は10月8日を予定しております。 ※9月22日追記 10月8日入荷分は完売いたしました。
ただいまイシバシ楽器渋谷WESTでご予約受付中!


Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument
ご予約はこちらからどうぞ!


初回入荷数は少な目と予想されておりますので、気になる方はお早めにどうぞ!!

初回入荷分がご予約分で終了となりました。ただいま次回入荷分をご予約受付中です。
9/29追記:次回入荷予定分も終了となりました。次々回以降の入荷分をご予約受付中です。
詳しくはイシバシ渋谷WESTまでお問い合わせ下さいませ!

【9/30追記】
渋谷WESTの店頭にてAerophone AE-10試奏用デモ機の展示を開始いたしました。

まずは箱を開けると、専用ケースが入っております。
Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument

ケースを空けると、黒い布袋に入った本体と、付属品が。
Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument

本体を黒い布袋から・・・
Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument

出しました!
Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument

ちなみに付属品は専用ACアダプター、マウスピース用キャップ、ストラップ
Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument

※ACアダプターは専用となりますのでご注意下さい。
Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument

そして取扱説明書です。
Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument

本体アップ。まずこちらは電源スイッチとAC接続。
Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument

こちらはインプットとアウトプット。
Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument
小さい方がインプットで、スマートフォンやオーディオプレイヤーなどから入力し音楽を流しながら一緒に演奏することが出来ます。
※別途ステレオミニケーブルが必要となります。

こちらはUSB接続端子。
Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument
他のシンセサイザーやPCとの接続が可能です。

裏側の操作部分とサムフックとストラップフック。
Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument

ちなみに、他のサックス用ストラップでも使用できそうです。
Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument

Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument

練習不足で非常に恥ずかしいのですが、一応デモ動画です。
新製品発表会での演奏で登場しなかった音色をチョイスしてみました。

下手な演奏で申し訳ございません。

ちなみに、「Voice Du」で発音が変化する部分ですが、タンギングをしたらこのようになりました。
「Jazz Scat」で発音が変化する部分は、息を強めに吹き込んでおります。
「Qudi(曲笛)」でも、強めに吹き込むと音がコロッとひっくり返るような変化がありました。

最後のバイオリンのピチカートですが、かなり難しい?です。
まずサムフックのそばにあるスライド式のボタンを横にずらし、そのあと息を吹き込みながら押さえていた指を離すと、ピチカート音が出ます。
指の置き場所によって音階も変わるようなのですが、どこを押さえたら何の音が出るか、というところまで研究しきれませんでした・・・申し訳ございません。
この効果はバイオリンとチェロで確認できました。

この他にも、特にSuperNATURALアコースティック音源で隠しコマンド(?)がありそうなので、いろいろ演奏方法を試すとまた発見があるかもしれません。

そして、アルトサックスとテナーサックスには、通常の「Alto Sax」「Tenor Sax」とは別に、「Alto Sax Plus」「Tenor Sax Plus」という音色がございます。
その違いを動画でご確認下さい。ついでにブロウした音色も吹いてみました。

毎度ですが下手ですみません。

裏のボタンを横にずらしてブロウするという機能を他の音色に使用してみたところ、フルートやオーボエ、トランペットやチューバなどの管楽器音色(SuperNATURALアコースティック音源)はサックスと同様の効果でした。
ディストーションギターなどPCMシンセ系サウンドは、モジュレーション効果となりました。
(ハーモニクス効果とか出たら面白かったのに・・・)

ちなみに「SuperNATURALアコースティック音源」の場合、このように液晶で頭に「SN」と表示されます。
Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument

演奏後のお手入れ方法ですが、取扱説明書によるとマウスピース部分を拭く程度で内部の掃除は必要ないとの記載がありました。

演奏時に発生する息及び水分は、本体一番下部分の穴から抜けていきます。
Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument
このあたりはEWIと似ていますね。
ずっと演奏していると、水分がリードの隙間から噴き出してきて口の周辺が濡れたりします。
このあたりは通常の管楽器やEWIなどと同様だと思います。

マウスピースを外すと、下の穴につながっていると思われる穴が。
Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument
この部分も結構水分があるので、気になる方はセンサーを傷つけないように拭き取っても良いかもしれません。ちなみに、スワブ的なものは使えないと考えたほうが良いでしょう。

このセンサーはリードの下部分にあるので、注意が必要です。
Aerophone AE-10 Digital Wind Instrument
※このようにリードを持ち上げると割れる危険があるので、絶対に行わないでください。
こちらの写真は細心の注意を払って撮影しております。


※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

SHIBUYA_EASTの記事

トランペットを始めるなら・・・YAMAHAでしょ!!8日前
渋谷EAST店の、”渋E”一本!A.SELMER ALTO MARK VI シリアル20万番台の後期モデルです。13日前
渋E一本「YAMAHA / YBS-61 BARITONE SAX」15日前
《100本限定生産》豪華な彫刻が美しいPearl Flute 「PF-525E-ESS」16日前
【サックス】YAMAHA / YTS-82Zの新色登場?!な、なんと全く新しい設計の限定版Z、YTS-82Z ASPだっ!20日前
【トロンボーン】渋谷EAST店の、”渋E”一本!〜トロンボーン用マウスピース VINCENT BACH CORP., NEW YORK 12SC【動画】22日前
渋谷EAST店の、”渋E”一本!YAMAHA / YTR-850GS!!22日前
<温故知新>SAXプレイヤー向け消音機 「e-sax」1ヶ月以上
【サックス】YSS-82ZRSは銘記なのか?【動画】1ヶ月以上
【サックス】ブラックラッカー VS ゴールドラッカー!比較動画です!【動画】1ヶ月以上