Ishibashi Mail Magazine

Ishibashi Mail Magazine Vol.

タッキーの楽器流行通信第9回


謎のナビゲーター・タッキーが、話題の楽器、注目の新製品など、毎月プレイヤーのゲストを交えてご紹介します。

Maestro by Gibson Les Paul Standard/SG Standard



→イシバシ楽器全店の「Maestro by Gibson」はこちら!

 レス・ポールやSGは、たくさんの著名ギタリストが長い間に渡って使用してきた名器ゆえに、多くの人が憧れているに違いない。しかし“本物”(ギブソン)を手に入れようとすると、価格の面で相当な出費を覚悟しなければならず、これからギターを始めようとしている初心者にとっては垣根が高すぎて、これまでに諦めていた人が多かったのでは!? しかし、そうした人に朗報が!! ギブソン社がビギナー層を対象に、リーズナブルな価格帯で提供する新ブランド[Maestro by Gibson]を立ち上げた。しかも、この話題のブランドを日本で独占販売するのがイシバシ楽器である! 今回もギタリストのミサワマサヒロを招き、動画内で試奏を敢行。今後注目必須の2機種を紹介しよう!


Maestro by Gibson


 ギブソンは約1世紀にも及ぶ長い歴史を持つ老舗ブランドで、同社が販売する楽器の大半が高級モデルで占められている。そうした中で、より手頃な価格で提供する役目を果たしていたのが兄弟ブランドの“エピフォン”であったのだが、今回日本で発売されることになった[Maestro by Gibson]は、さらに低価格化を実現し、初めてギターを手にする初心者層にも購入しやすくなっているところが魅力だ。価格がリーズナブルであることもさることながら、さらに魅力を挙げるとすれば、ズバリ“見た目”であろう。コピー・モデルでは真似ることができなかった聖域であるヘッドストックのデザインに至るまで本家ドンズバに仕上げられたルックスは、気分を高揚させてくれるに違いない。

 そもそもマエストロはギブソン社とは縁が深いブランドで、特にエフェクターにおいて有名。ギター通であればその名を一度は聞いたことがあるに違いない。このマエストロというブランドについての歴史的な詳細については、別のヒストリー・ページを用意したので、興味がある方はそちらを見ていただきたい。


 今回“マエストロ”というブランド名のもとで、日本で販売されるモデルは2機種である。それらを個別に見ていくことにしよう。




Les Paul Standard
Les Paul Standard

アメリカでは、[Single Cutaway Carvetop]というモデル名のもとで先行発売されていたのだが、それらを土台にイシバシ楽器がこだわりのスペックを投入。結果、日本仕様はギブソン・レス・ポール・スタンダードにより近い外観/スペックに仕上げられている。用意されているカラーは、ヘリテージ・チェリー・サンバースト、ヴィンテージ・サンバースト、エボニー(黒)の3色。

税込販売価格:¥14,800


【Specifications】
・カーブド・トップ・ボディ
・ボルト・オン・ネック
・ハムバッカー・ピックアップ×2
・2ボリューム、2トーン、3ウェイ・トグル・スイッチ
・ドット・インレイ・ポジション・マーク
・Heritage Cherry Sunburst、Vintage Sunburst、Ebony
■付属品:ソフトケース、イシバシ楽器5年保証

※ USA仕様と日本国内向け仕様の違い


-日本向け仕様USA仕様
ピックアップカバード・タイプ・ハムバッカーオープン・タイプ・ハムバッカー
ピックガードありなし
ブリッジチューン・オー・マティックストップ・バー
ノブゴールド・ハットブラック・スピード

SG Standard
SG Standard

こちらもアメリカで[Double Cutaway]というモデル名で先行発売されていたものだが、日本仕様としてイシバシ楽器の精鋭スタッフがスペックやデザインを吟味し、新たな息吹を与え、結果、ギブソンSGスタンダードに近い外観/スペックに仕上げられている(USA仕様と日本仕様のスペックの違いは以下の表のとおり)。用意されているカラーは、チェリーとエボニー(黒)の2色。


税込販売価格:¥13,800


【Specifications】
・ダブルカッタウェイ・ボディ
・ボルト・オン・ネック
・ハムバッカー・ピックアップ×2
・2ボリューム、2トーン、3ウェイ・トグル・スイッチ
・ドット・インレイ・ポジション・マーク
・Cherry、Ebony
■付属品:ソフトケース、イシバシ楽器5年保証

※ USA仕様と日本国内向け仕様の違い

-日本向け仕様USA仕様
ピックアップカバード・タイプ・ハムバッカー×2オープン・タイプ・ハムバッカー×1
ピックガードスモールラージ
ブリッジチューン・オー・マティックストップ・バー
ノブゴールド・ハットブラック・スピード


今回を最後にナビゲーターのタッキーが番組を離れます。後任は・・・ 詳しくは動画をチェックしてください!
今後も「楽器流行通信」をお楽しみください!

タッキー
タッキー・プロフィール
1957年 福島県生まれ。
中学1年で初めてギターを弾き、1弦だけで「禁じられた遊び」を弾いて得意げになる。
中学2年からフォークに染まり始め、初めて購入したギターは¥4,500のピアレスのフォークギター。
「F」コードで挫折し現在に至る。


ミサワマサヒロ
ミサワマサヒロ・プロフィール
音楽学校メーザー・ハウスにて、矢堀孝一氏に師事。ギブソン・ジャズ・ギター・コンテストのバンド部門にて優勝を果たす。その後、レコーディングやライブのサポートなどで活躍し、イシバシ・バンド・コンテストのイメージ・ソングの作曲&演奏も担当。現在は女性ヴォーカルを含めた5人編成のバンド、パスピエ(https://www.myspace.com/passepied)にて活動中。さまざまなデモ演奏でも活躍するギタリスト。