TOP

1万円以上ご購入で送料無料!2022年1月31日(月)まで!

イシバシ楽器

一人でも多くの人に
音楽に参加する楽しさを伝えたい

カテゴリーで検索

EFFECTOR
検索トップへ戻る →

検索を閉じる

OTHER INSTRUMENTS
検索トップへ戻る →

検索を閉じる

    TOP  >
  1. ドラム
  2.   >
  3. 電子ドラム
  4.   >
  5. YAMAHA
  6.   >
  7. YAMAHA / DTX432KUPGS 3シンバル XP80スネアとリアルハイハットRHH135アップグレード フル拡張キット【DTX432KRHH】
/ec/pic/product/set73892/set73892_1_s.jpg
/ec/pic/product/set73892/set73892_2_s.jpg
/ec/pic/product/set73892/set73892_3_s.jpg
/ec/pic/product/set73892/set73892_4_s.jpg
/ec/pic/product/set73892/set73892_5_s.jpg
/ec/pic/product/set73892/set73892_6_s.jpg
/ec/pic/product/set73892/set73892_7_s.jpg
/ec/pic/product/set73892/set73892_8_s.jpg

YAMAHA / DTX432KUPGS 3シンバル XP80スネアとリアルハイハットRHH135アップグレード フル拡張キット【DTX432KRHH】

販売価格:
¥ 118,800 (税込)
ポイント:
在庫数状況:
在庫数わずか
2日~4日で発送予定
配送:
配送料無料
取扱店:
メーカー:
商品ID:
set73892
在庫のある実店舗(0)
数量:
カートに入れる
お気に入り登録
商品の問合せ

お支払方法について / 返品について

売却に伴う商品情報の削除について
複数のモールに掲載されているため、売却に伴う商品情報の削除は迅速を心掛けておりますが必ずしもリアルタイムではございませんので、ご注文後に万一売り切れとなっておりました際は誠に申し訳ございませんがご容赦くださいませ。

7大ブランド買取20%ポイント還元!!2/28まで

■『DTX432KUPGSをフル拡張|ハイハットとスネアを上位モデルにアップグレード』

【1】スネアをDTX-PADのXP80にアップグレード
◎ 上位モデルDTX6Kシリーズで採用するDTX-PAD「XP80」にスネアをアップグレードできるカスタマイズセット。シリーズ上位のDTX452KUPGSを上回る仕様になります。
◎ DTX-PADはヤマハ独自開発のテクスチャード・セルラー・シリコン(TSC)ヘッドの採用とフローティング構造で、跳ねすぎないリバウンド、叩いていて気持ちの良いリアルな打感、高い静粛性を兼ね備えた電子ドラム用パッドです。また3ゾーン機能に対応していますので、ヘッドショットの他にオープンリムショットとクローズドリムショットが可能になります。

【2】ハイハットをリアルハイハットパッドRHH135にアップグレード
◎ ハイハットを「シンバルパッド+コントローラーペダル」を組み合わせたシステムから、アコースティックドラム用ハイハットスタンドを使って演奏するRHH135にアップグレードします。
◎ RHH135はDTXの上位シリーズで採用するハイハットパッド。スタンドのフットボードを操作するとアコースティックのハイハットトップシンバルさながらにハイハットパッドが上下するムービング式のため、固定タイプよりもリアルな感覚で演奏ができます。
◎ ヤマハ純正のハイハットスタンドもセットしました。

【セット内容】
1.YAMAHA DTX432KUPGS(電子ドラム本体/純正のドラムイスとフットペダル付属)
2.YAMAHA XP80(8インチDTX-PAD/スネア用)
3.六角ロッド(XP80取り付け用パーツ)
4.YAMAHA RHH135(DTX用ハイハットパッド)
5.YAMAHA HS650A(ハイハットスタンド)

【アップグレードに関する注意点】
以下の件を必ずあらかじめご了承のうえお買い求めください。
※このセットは電子ドラムの拡張機能を使ってユーザー様によってセッティングしていただく商品ですが、ハイハットとスネアの拡張に関する組み立て説明書は付属しません。掲載内容と画像を参考にユーザー様ご自身でセットアップを行ってくいただく必要がございます。
※DTX432KUPGSに付属するスネア用パッドとハイハット用シンバルパッド1枚とハイハットコントローラーHH65は使用しません。
※スネアのXP80を横向きにセッティングするためクローズドリムショットのセンサー位置が右上から左側にずれます。
※DTX402シリーズとの組み合わせでは音源の仕様のためRHH135の2ゾーン機能(ボウ/エッジ)を使用できません。ハイハットに設定された音色(1ゾーン)での使用になります。
※DTX432KUPGS本体のメーカー保証は1年ですが、XP80とRHH135は6か月です。


■RHH135のセットアップ方法
以下の方法を参考に組み立て、接続、設定変更を行ってください。
[1] DTX432KUPGSを、ハイハット部分以外を説明書どおり組み立て、ケーブル接続を行います。
[2] ハイハットスタンドを組み立てて、RHH135を付属の説明書どおりハイハットスタンドに取り付けます。(万一ハイハットスタンドの組み立てがわからない場合はヤマハの公式サイトでDTX6K3-Xの組立説明書のPDFなどをダウンロードして参考にしてください)
[3] HHケーブルをRHH135のPAD端子に、HHCケーブルをRHH135のHI-HAT CONTROL端子に接続してください。
[4] 好みに応じてハイハットのゲイン(メニューモード/[5-5])と最小レベル(メニューモード/[5-6])の値を調節してください(DTX432K説明書50ページ参照)。

■XP80のセットアップ方法
3枚目の掲載画像を参考にセットアップを行ってください。
(1)DTX本体を説明書にそって組み立てます。
(2)スネアパッドのあるラック(小)のジョイント部分のキーボルトをチューニングキーで緩めてスネアパッドを固定しているパイプごと抜き取ります。
(3)スネアのパイプを抜き取ったジョイント部分に、セットに入っている「六角ロッド」を取り付けてキーボルトを締めます。
(4)六角ロッドにXP80を取り付けます。ロッドの根元との間に約1.5cm程度の隙間を空けてください。
(5)スネアパッドXP80の角度はキーボルトで調節できます。調節が終わったらキーボルトをしっかり締めて固定してください。
(6)SNRケーブルをXP80に接続します。
(7)音源モジュールでスネアパッドの種類を「XPシリーズ」に必ず設定してください(説明書49ページ「5-3. スネアパッドの種類」参照)。

※ドラムスティックとヘッドホンは別売です。

---------------------------
▲注意:動画で使用しているモデルは、「DTX432KUPGS」をRHH135アップグレードしたモデルで、スネアを変更していないモデルです。また動画内では、付属のフットペダルではなく市販のフットペダルを使用している場合があります。あらかじめご了承ください。

◆状態:S:新品 
※画像はサンプルです。
複数のモールに掲載されているため、売却に伴う商品情報の削除は迅速を心掛けておりますが必ずしもリアルタイムではございませんので、ご注文後に万一売り切れとなっておりました際は誠に申し訳ございませんがご容赦くださいませ。
この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています
YAMAHA / DTX432KUPGS 3シンバル XP80スネアとリアルハイハットRHH135アップグレード フル拡張キット【DTX432KRHH】に関するレビュー
0件のレビュー
他のお客様にオススメしてください。
この製品のレビューを書く