大切な楽器と仲良く付き合っていくために気をつけてほしいこと ‐サックス編‐

WINDPAL池袋店

こんにちは!管楽器担当の吉村です!

気候のせいなのか、最近すぐ唇がガビガビに乾燥するようになってしまいました。管楽器奏者にとって命ともいえる唇を守らねば!ということで、最近はちゃんとリップクリームを常備するようにしています。今まで持ってなかったんかい、というツッコミは受け付けません。。。

私たち人間の体調管理が大切なのと同じように、楽器の体調管理もとっても大切です!特に日本は季節によって気温や湿度の変化が大きく、もちろんそのあたりも楽器に影響します。

でもでも、楽器の不調はできるだけ起こしたくないですよね。楽器が壊れてしまったら…と考える前に、まずは普段のお手入れを見直して、防げる不調を起こさないようにしていきましょう!予防接種みたいなものですね(?)。



そんなわけで、もうお察しのことと思いますが、
大切な楽器と仲良く付き合っていくために気をつけてほしいこと ‐サックス編‐ !



以前紹介したブログはコチラから↓↓↓
クラリネット編
フルート編



まずは楽器を組み立てるとき!

毎度お馴染み、ジョイント部です。
本体にネックを差し込む時に、きつかったりゆるかったりしないかをチェックしましょう。組み立てるのが難しいほどきつかったり、逆にネックの留めネジを締めてもネックが動いてしまうくらいゆるい…という場合は調整が必要です。無理に入れようとしたりネジを締め付けて留めようとすると、楽器に負担がかかってしまいます!

また、ジョイントがきつい(入りにくい)からといって、コルクグリスや、金管楽器に使うスライドグリスを塗らないこと!グリス類が固まってしまったり、ホコリなどが付着してキズになってしまうこともあります。ジョイント部は、潤滑剤をなにもつけずにスムーズに組み立てられるのがベストな状態です。音色や吹奏感に大きく影響する部分なので、違和感を感じたら早めに調整をお願いしましょう!

178861 B


また、ネックコルク(マウスピースを固定する部分に巻いてあるコルク)がゆるくなっていたり、はがれかけていたりしないかも一緒に確認しましょう!



次に、演奏中や練習が終わったあと!

まずはスワブという紐のついた布を通します。スワブとは、管体の中の水分を取るためのアイテムです。
サイズが何種類かありますが、楽器や使う場所に対応したものを使うようにしましょう!違うサイズのものを使ってしまうと、管体の水分がきちんと取れなかったり、管体の中でスワブが詰まってしまう原因になります。

ちなみのヤマハのクリーニングスワブは
マウスピース・ネック→S
アルトサックス・テナーサックス→SAX
ソプラノサックス→SS
と書いてあるものがそれぞれに対応したスワブです。

141353 B


ここでスワブの通し方をおさらいします!

管体にスワブを通すときは、まずスワブを広げます。紐が絡まって結び目ができていたり、布の部分がぐちゃぐちゃのダンゴ状態になっていたら、必ずほぐしてから使いましょう。布に穴が開いていたりほつれがあってもダメですよ!

110591 B


NG例
紐や布部分が絡まって、結び目ができています。このままでは管体の中で詰まってしまいます!

スワブが絡まっていないことを確認したら、おもりが付いているほうの紐の先端をベルの中に入れます。

159974 B


楽器本体をひっくり返して、ネック側から出てきた紐をゆっくり引っ張ります。勢いをつけて引っ張るとスワブが詰まりやすいので、あせらずに作業しましょう!

187265 B


ネックにスワブを通すときは、おもりがある方の紐を管体に差し込む側(口が広い方)から通します。このときも、スワブが絡まっていないこと・詰まらせないようにゆっくり通すことを意識してくださいね!

もしスワブが引っかかってしまったときは、反対側からそーーっと引っ張ってみてください。うまく抜くことができたらもう一度最初からやり方を確認して通してみましょう。少し引っ張ってみても取れなそうだな…と思ったら、紐を切ったり無理に抜こうとせず、修理屋さんにとってもらいましょう!



そして楽器をケースにしまう前!

これもどの楽器にも共通ですが、指紋や汚れをキレイに拭き取りましょう。
ラッカーがかかっている楽器にはラッカーポリッシュやラッカークロス、銀メッキの楽器にはシルバーポリッシュやシルバークロスを使います。

113960 B


アンラッカーの楽器はあえてマットな質感になるように仕上げられているので、そのままの質感を維持するにはポリッシュなどはつけずに乾拭きをすればオッケーです!

楽器を磨くのはついつい楽しくなってしまいますが、バネ(キイを引っ掛けている、細い針金のようなもの)を外したり曲げたりしないように気をつけてください。ネジを回したりはずしたりするのもやめましょう。キイが正しく動かなくなってしまいますよ!



さてこれでカンペキ…といいたいところですがあとひとつ!

エンドプラグをつけましょう!
エンドプラグ、あまり聞きなれない名前かと思います。楽器本体のネックを差し込む部分につける、黒いフタみたいなものをご存知ですか?楽器を買ったときに一緒についてきたんじゃないかと思います。

76877 B


一見何のためにあるのかよくわからないコイツ、実はとっても重要な役目があるんです。
楽器本体のネックを差し込むところを見ると、キイと連動して動く棒が出っ張っています。オクターブレバーと言います。オクターブレバーは、見ての通り細い上に管体から飛び出しています。要するに、折れたり曲がったりする可能性が高いというわけです!これは危ない!!!
そんなか弱いオクターブレバーちゃんを守るために、エンドプラグをつけましょうね!っていうことなんです。

144855 B


間違って捨てちゃったよ・・・という方もご安心を。エンドプラグ単体でも販売されています。
そんなに高いものでもないので、これを使ってしっかり楽器を守ってあげてください!

最後にケースをしっかり閉じてカンペキです!

サックスは多くのパーツからできている、とても繊細な楽器です。気をつけなければいけないことがたくさんあって大変ですが、愛情持ってお手入れしてあげてくださいね!



そうそう、楽器のケアはもちろんですが、自分自身の体調管理もしっかり行ってこの冬を乗り切りましょう!

それでは素敵な楽器LIFEを!


※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

池袋店の記事

YAMAHAの入門トランペットが中古(に見えない)で入荷!13時間前
SELMER 銀メッキ仕上げの中古アルトサックス入荷しました!12日前
いろいろなコルクグリスをためしてみました!16日前
クラリネット・ジョイントコルクの役割って???20日前
【中古】YAMAHA YTR-8335GS トランペットが入荷! 24日前
ドイツのメーカー「Kuhnl&Hoyer」のトロンボーンが中古で電撃入荷!28日前
中古トランペット、定番モデル集結しております!28日前
リグータの”DELPHINE”オーボエが中古で入荷しました!29日前
Hans Hoyer 801MAL ド定番ホルンが当店に中古で入荷!30日前
ヘッドコルク点検のすゝめ1ヶ月以上
池袋店 店舗情報

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-50-35
P'PARCO 7F

03-3980-1484

メールフォームはこちら

営業時間

AM11:00-PM9:00

店頭写真
地図

アクセス方法

●JR・東京メトロ・私鉄各線池袋駅より徒歩1分。

駐車場

●P'PARCO駐車場:有料(600円/1h)
●当店でのご利用金額2,000円以上で1時間、10,000円以上で2時間まで無料
●その他、池袋東口公共駐車場、西武百貨店駐車場、メトロポリタン駐車場もご利用いただけます。