こんなの入荷しました。「V.BACH TP 37MLGP・Mt.VERNON 」?アメリカンドリーム編!その4

小林小林WINDPALSHIBUYA_EAST

◆この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
こんにちは、渋谷EASTの小林です。

468706 B


今日紹介する楽器は????・・・
481743 B

ん?!
458018 B

んん!!
347823 B

これ!
VINCENT BACH MODEL37!! マウントバーノン!!
ゴールドプレート!

468706 B



442787 B

男らしい刻印がマントバーノンの正銘。


491141 B

このウォーターキィが現行とは反対の向きになっているやつ、
カッコいいですよね。


・・・ウォーターキィじゃないですね。3番のスライドストッパーですね。

463783 B

この3番スライドに指かけがないのも乙なものです。
YTR-233みたいな感じで・・・
逆にYTR-233はMT.VERNONの要素を含んでいるのか・・・?

521376 B

そして

ただ、ゴールドプレートっていう潰しカラーのおかげで
2ピースのバルブケーシングがよく見えませんね・・・

ということで
キャップを外してみました。

382587 B

451387 B


洋白の姿が確認できますね。
NYバック時代は上下どちらも真鍮材だったらしいですが
マウンドバーノン期のやつはもう上が洋白です。

・・・これ、個人的にとても気になってるんですけど、
上下とも真鍮の2ピースと真鍮の1ピース、そして上が洋白、下が真鍮の2ピース・・・
これだけの違いでどこまで音が変わるんでしょうか。
結構変わるって話、理屈では分かっているんですけど、その他の仕様を同じにして一回比べてみたいですね?。

504444 B

シリアルナンバーは26687。
1964年製ですね。
60年代って言えばロックが熱い時期なんですかね?サザンロック・・・はもうすこし後ですかね?
ちなみに65年にはエルクハート工場に移ったと記憶していますので
最後期のマントバーノンですね。

344532 B

そういえば古いバックって響き線がフレンチビードっぽいフラットな感じになってるっていう話を聞いたことがある気がしますけど
338312 B

そうでもないっすね。

やっぱりやりたくなります、磁石をくっつけてみました。
390026 B

395087 B

上がマントバーノン、
下は90年代のエルクハートバックです。
エルクハートの方が若干強くくっつきます。
これはもしかして、巻線の鉄の成分が異なってるんでしょうか?

さて、最後にこのGPかどうか?についてなんですけど
申し訳ないのですがそもそもオリジナルGPが存在していたのかどうかを存じ上げません。
シルバープレートなら一回見たことあるような気がするんですが・・・

刻印とかメッキとかの状態を見ますと
442787 B

銀メッキの楽器に後からゴールドプレートをかけた楽器


アフタープレート
なのでは

ないかと

思われますね。



いやそれってつまりリプレートじゃん?って?
そんなこと言わずに・・・!
ぜひ試奏にいらっしゃって下さい!

担当 こばやし


※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

SHIBUYA_EASTの記事

新着中古管楽器情報☆1日前
渋E!!!SAX入荷情報!!1日前
フレッシュな中古管楽器のご紹介!7日前
お盆休みは渋谷へ!「渋E→夏まつり」開催!8日前
8月も開催!管楽器特別診断会☆11日前
【鮮度MAX】渋谷EAST店の生鮮楽器ブログ【入荷速報】【8/3入荷分】16日前
【鮮度MAX】渋谷EAST店の生鮮楽器ブログ【入荷速報】【7/29入荷分】21日前
【渋E一本 新型エアロフォン、GO!!】ROLAND / AE-05 AEROPHONE GO21日前
【鮮度MAX】渋谷EAST店の生鮮楽器ブログ【入荷速報】【7/26入荷分】22日前
【開催日が変更になりました】管楽器特別診断会開催!25日前