永遠の入門用フルートYFL-211 ・・・え?無くなるの?

安藤安藤WINDPALWEBSHOP

◆この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。


入門用フルートのエバーグリーン。ヤマハYFL-211が無くなるらしい。。。


23585 B



フルートを始めよう!となったら真っ先に候補に挙がるヤマハの「YFL-211」

すでに楽器店のブログや各種ニュースでご存知の方も多いとは思いますが、先に案内しているように、一部フルートも「インドネシア製」に変更となりモデル名もYFL-211→YFL-212に変更になるようです。


という事で、フルート奏者なら少しくらいは思い入れのあるであろうYFL-211を少し振り返ってみたいと思います。



YFL-211って入門用フルートの定番って言われるけど…どうやら色々種類があるらしい。


まずはこちらの中古楽器一覧をご覧ください。


もちろん中古楽器なので個々のコンディションによって販売価格は異なるのですが
それにしてもバラバラですね。

そうなんです!YFL-211は型番を変えずに1979年から作られ続けているのです。

なので、同じ「YFL-211」という型番でも37年前に作られたものと2016年に作られたものが存在しているというわけです。

型番を変えずというのは例えばトヨタのカローラが60年代から現在まで製造され続けているのと同じなのですが、車と違ってフルートは見た目がほとんど変わらないのでぱっと見はぜんぜん分かりません。





■初代1979年から1990年まで製造

初代はカレッジモデル(学生向け)として販売されていました。

81694 B


管体にはNIPPONGAKKIの刻印があります。この刻印があるのは結構古い個体だと思われます。

何年頃までこの刻印が使われていたかは不明ですが1987年に会社名を日本楽器製造株式会社からヤマハ株式会社に変更した頃かと思われます。

(ちなみに'87年まではもちろん「ヤマハ」として広く世間に知られていましたが、正式な会社名称としては日本楽器製造株式会社でした。創業100周年を期にヤマハ株式会社に変更となりました。)

34100 B



仕様としては素材の金属が洋白(銅、ニッケル、亜鉛の合金)にニッケルメッキを施してあります。


洋白は酸に弱く曇ったりざらざらと表面変化がしやすいのでメッキを施してあります。YFL-211は銀メッキより安価なニッケルメッキ仕上げとなっています。

両方銀色なのですが、比べると銀メッキは白っぽいのに対し、ニッケルメッキは黒っぽい見た目です。同時期に銀メッキ仕上げのYFL-211Sというモデルも存在します。これは管体に「YFL-211S」の刻印があるので分かりやすいです。




■2代目1990年から2000年まで製造

79837 B


管体に「YFL-211 II」の刻印。これは分かりやすいですね。何たって2代目の「II」がありますからね。こちらも表面仕上げがニッケルメッキと銀メッキ仕上げの「YFL-211 SII」が平行して販売されていました。

41807 B


「YFL-211SII」はこんな感じの刻印。

49244 B






■3代目2000年から2002年まで製造

こちらでモデル名が「YFL-211」に戻ります。。。

なぜ。   YFL-211 IIIとかにしてくれれば分かりやすいのに。

66738 B


ここでニッケルメッキ仕上げは無くなり銀メッキ仕上げのみになり「S」のモデル名は無くなります。



48991 B


ロゴはこんな感じで、現行モデルに型番のフォントが似てきました。

3代目は僅か2年間の製造と短命です。べつにレアじゃないけど。



■4代目(現行)2002年?2016年

72059 B


3代目からの変更点は「足部管のアジャストマーク」の追加、キーポストが太くなった、調整ネジの設計変更などです。どうも3代目からの変更点は少なく、3.5代目といっても良いくらいでしょうか。

52180 B


今まで誇らしげにあった MADE IN JAPAN の刻印が無くなってる!いや、場所が足部管ジョイント近くに変わっただけで、きちんと日本製でございます。


ちなみに2008年頃に材質の表記が「洋銀」→「白銅」に変更になっています。
メーカーからのアナウンスは特に無く、実質同じものを呼称を変えただけなのか、材質をまるっきり変えたのか、不明です。 
(白銅に亜鉛を加えた合金が洋白(洋銀)なので、まあ違う合金ですね。カタログ表記を変えるくらいなので'08年頃のタイミングで素材を変更したのでしょうか?鉛フリーハンダを使っているのと何か関係しているのかしら?)

製造期間が長いので、上記のザックリとした世代分け以外にもちょこちょこ変更点はあったと思われます。



ということで、何てことない普及品、入門モデルを少しだけ掘り下げてみました。

あまり読み応えはなかったかとは思いますが。。。間違いなく日本の音楽教育水準を高めた入門用(安い)フルート。もちろん次のインドネシア製もクオリティーは遜色ないとは聞いていますが。。。




「やっぱし日本製がいいわね」という方。

イシバシ楽器では何とか「ラスト MADE IN JAPAN」YFL-211・YFL-221・YFL-311・YFL-411を複数本ご用意しております!


■新品YFL-211はこちらから

■中古フルートはこちらから







※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

WEBSHOPの記事

YAMAHAスタンダードシリーズの製造国が変更となります1ヶ月以上
ディズニーチューナーお探しの方はこちらまで♪1ヶ月以上
Yanagisawaのブロンズ管モデルが入荷!1ヶ月以上
2018年☆ディズニーチューナー☆ご予約受付開始!1ヶ月以上
2017年度グッドデザイン大賞受賞☆カジュアル管楽器「VENOVA/ヴェノーヴァ」1ヶ月以上
ご予約殺到の人気商品venova発売開始?担当スタッフ試奏レビュー?1ヶ月以上
限定生産のかわいい!フルート用ケースカバーの入荷です!1ヶ月以上
初心者の為のサックス選びのすすめ-Vol.2-1ヶ月以上
Aerophone -グラファイト・ブラック- 10月14日発売決定!先行予約の受付開始1ヶ月以上
Aerophone AE-10 から新カラー「グラファイト・ブラック」発売決定1ヶ月以上