楽器の品揃え日本最大級!ギター、管楽器、ドラムなど新品、中古楽器、欲しい楽器がお得に見つかる!

個人所有のLine 6 / Helixでオリジナルパッチ作ってみた!~ディストーション編~

2020/08/05 (水)[ 御茶ノ水ROCKSIDE ]

全パターンの製作時間は驚異の30分!?

◆この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
という訳で、続きをご紹介していこうかなって感じなんですが今回はディストーション編です!
前回の記事に概要を細かめに書いてありますので、こちらをご覧いただく前に是非とも下のリンクから、最初の記事をご覧くださいませ!!

前回のクリーン編の記事はこちらから!


前回のクランチ編の記事はこちらから!



さて軽くおさらいするとこの記事の一番重要なポイントは以下の通りです!!
① 『今までジャズコにコンパクトエフェクターをつないできたプレイヤーが、自分のボードのサウンドをHelixだけで再現しようとしたらこうなった!』 がコンセプト。


② この時は2Hのギターを使っているので、若干歪み感が多いかと思います。 なお、このパッチ内ではアンプは全てのパラメータを固定にしてあるのでサウンドバリエーションごとに変化はつけておりません。←ここ重要!

さぁ、さらにお恥ずかしながらサンプル動画も再度出します!!!
ちなみに今回のディストーション編でご紹介するサウンドは本編の1:26あたりから2:58までの範囲で聴けます!!

それでは、どうぞッ!!




はい、前回のクランチ編に続いて知っている人は知っているといったリフが数多く登場します!

さらに!今回は柳が最も好きなディストーションだけあって、動画での視聴時間も他より少し長めになっております!!

さぁ、そんなディストーション編の解説に移っていきたいと思いますー。

ルーティングはこんな感じになっています!

1554633 B



このSnapshotにおけるルーティングは以下の通りです。

ゲインブースト役のオーバードライブ→ノイズゲート→パラメトリックイコライザー→スプリットによりパラレルへと変化→オーバードライブ+ディストーション→スプリット解除→ジャズコのアンプモデル→4×12のキャビネット→リバーブ

この流れで進んでいきます!!

文章だけで見るとなんだこれ感すごいですね;
ですが、ちょっとひねってるのは【スプリットによりパラレルへと変化→オーバードライブ+ディストーション→スプリット解除】の部分だけで、他はいたってよくあるセッティングです!!


あと最近ではあまりコンパクトエフェクターとして見ない【パラメトリックイコライザー】が特徴的でしょうか。


という訳で、これらを詳しく解説していきたいと思います!!


まず、前回の記事でもその有能さを語ったTeemah!ですが、エフェクター独自の帯域に偏ることなくスマートにブーストしてくれるのと、アタック感が格段にハッキリするので、最適かと思います!!

そして、さらにモダンで分厚いサウンドへシフトさせる為にパラメトリックイコライザーを通しています!!
これは昨今良く見るグラフィックイコライザーと違い、ブーストもしくはカットしたい帯域に合わせて自分でヘルツを可変できるのが特徴です!!
詳しくは載せられませんが、Helix内部で扱う帯域が広くなり過ぎないようにかなり大胆にミッドに寄るように絞りました!
こうするだけでも、かなり聞き馴染みのあるサウンドへ近づく事が多いです!

さぁ、問題の分岐点にやって来ました!

そもそもこれ何やってんの?という疑問が出るかと思いますが【AとBの別々のルートにオーバードライブとディストーションの歪みを個別で同時にかけた後、ミキサーで1つにまとめている】という仕掛けです!!
コンパクトエフェクターで言うと、BO〇S製品の白い筐体に4つの赤ノブが特徴のエフェクターのとあるモードのみたいな感じです!

今回のデータではVermin Dist(Pro Co / RATモデリング)LINE 6 Drive(LINE 6 / LINE 6 Original)を掛け合わせています!!

これを選んだ理由は扱いやすく、ミドルゲインが得意なLINE 6オリジナルのLINE 6 / Driveと分厚くザクザクした歪みが大人気のPro Co / RATの相性に惚れ込んだからな訳です!!!



あれはもちろんコンパクトエフェクターなので、バリエーションは限られていますが、Helixならば仮にラムズ系ファズTS系をこのやり方で弾くと、TSに不足しがちな低域と高域を足しつつ、より迫力のあるハイゲインオーバードライブへと変貌させることが出来ます!
このやり方はもちろん歪み系だけに使う訳ではなく、モジュレーション系にもディレイ系にも応用できますので、やってみたくなる事間違いなしです!!!



いかがでしたでしょうか??

このSnapshotではかなりコンパクトで実践されている方は少ないかと思いますが、出来たらいいなと思う方も実は多くいらっしゃるようだったので、やってみました!!!

ここでHelixが気になったという方は、下のリンクから実際に詳細を記したページでご覧くださいませ!!


28641 B


御茶ノ水ROCK SIDEのHelixの商品ページはこちらから!

次がついに最後のリードソロ編なので、是非ご覧くださいませ!!!


それでは!!

□■---------------------------------------------------------
イシバシ楽器 御茶ノ水ROCKSIDE
担当 : 柳
〒101-0062 千代田区神田駿河台1-8
Tel : 03-3292-6876
Mail : rockside@ishibashi.co.jp
営業時間:12:00~19:00
----------------------------------------------------------■□


※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

御茶ノ水ROCKSIDEのブログ こちらもお読みください

個人所有のLine 6 / Helixでオリジナルパッチ作ってみた!~クランチ編~
1ヶ月以上
個人所有のLine 6 / Helixでオリジナルパッチ作ってみた!~クリーン編~
1ヶ月以上

こちらの記事もあわせて読まれています(ベータ版)

個人所有のLine 6 / Helixでオリジナルパッチ作ってみた!~ディストーション編~[御茶ノ水ROCKSIDE]
1ヶ月以上

御茶ノ水ROCKSIDE 新着情報

御茶ノ水ROCKSIDE ブログ