楽器の品揃え日本最大級!ギター、管楽器、ドラムなど新品、中古楽器、欲しい楽器がお得に見つかる!

第1回電源セミナーを終えて ~エフェクターフロアからこんにちは Special ~ ~

02/26 (火)[ 渋谷店 ]

第1回電源セミナー、その内容と感想をひたすら書き連ねます!!

皆様こんにちは!エフェクターフロア我妻でございます!
今回は番外編として、先日当店のスタッフ向けに行われた電源セミナーの感想や報告をしていきたいと思います!

講師として有限会社ボルトアンペア宮寺氏をお招きし、セミナーを開いて頂きました。
有限会社ボルトアンペアのホームページはこちら

346643 B

参加者のみなさんは、頂いた資料片手に真剣に講義を受けております。

講義の内容としては、

・ 日本と世界の電圧
・ コンセントのアース
・ コンセントの規格
・ 電源に乗るノイズ


といった内容でした!

それぞれ、ざっくりと内容や感想を書いていきます!

日本と世界の電圧 について


電圧というのは、高ければ高いほど電気を流す力が大きくなります。
簡単に言うと大きければ大きいほどハイパワー!ということです。

日本では皆様ご存知のとおり電圧が100Vですが、有名なミュージシャンが多数生まれているアメリカ・イギリスではそれぞれ120V・240Vと日本より高いです。
海外でレコーディングをする日本のバンド・アーティストが多いのは、高い電圧によってギターアンプやその他機材の本領を発揮する事ができるからなのです。

渋谷店のエフェクターフロアには最大120Vの電圧で電源を供給できるVOLT AMPERE / GPC-TQが常設されており、FAS / AXE- FX III やHELIXに電源を供給しています。
これで100V・120Vの聴き比べができるのですが、かな~~~~~~り音が変わってきます。
聴き比べた結果、よりパワフルに前へ抜けていくサウンドになった印象を受けました。

コンセントのアース


皆様は機材の電源ノイズに悩まされたことはありますか?
僕は何回かありました….(ライブのときや家で)
そういったとき、コンセントに挿しているプラグの極性が逆になってることがあるそうです。(2芯の場合)
家の壁についているコンセントをじーーーっと見ていただくとわかると思うのですが、左の穴が長く、右の穴が短くなっております。
239035 B


実は電池のプラスマイナスのようにコンセントにも極性があり、左がコールド、右がホットです。
プラグにも極性がございます。(極性が無いものもございますが、その場合はどちらの向きで指しても問題はないようです。)
目印がちゃんとあり、その目印は様々ですがきちんとわかりやすいようになっています。

なんで極性をきちんとしないとノイズが出たりするの~~~??????という気持ちになりますが、2芯の場合コールド側にノイズを逃がしてあげるアースが付いているんですね。
電気というのはホットから入りコールドから出て行く仕組みになっていますので、コールド側にアースがないとノイズを逃がしてあげられなくなってしまい、ノイズが発生する。ということなんです。

3芯の場合、受け口が3芯用であれば問題なくアースをとって接続ができるのですが、変換アダプターを使って2芯にした場合注意が必要ですね!(僕は変換した後の極性が逆でノイズが出ていました)

ギター用の機材に限らず、パワードのスピーカー等でも言えることなので、プラグの極性をあわせてあげるだけでもノイズや音の聴こえ方が大分変わるとのことでした!


コンセントの規格

これはオーディオから少し離れてしまうのですが、病院等で使われているコンセント・プラグの規格があるそうです。
それがホスピタルグレードという規格です。
239035 B

185557 B

コンセント側、プラグ側にそれぞれHマークがついているのが写真で確認できると思います。これがホスピタルグレードの印。
この規格は病院の機器で、絶対抜けてはいけない線が抜けてしまうことがないようにするものでして、実際に触らせていただくことができました。
ほんっっっっっとに抜けづらい…..だいぶ力を入れなければ取れません…
ちょっとやそっとの衝撃では絶対抜けないと思います。さすがホスピタルグレード。

アメリカではホスピタルグレードではなく、UL規格というみたいです。
ホスピタルグレードと同じく、印がついています。
288188 B

196604 B

写真では見づらくなってしまいますが、こちらはULというマークがついています。
こちらも実際に触らせていただきましたが、やはりこれも非常に抜けづらい…
体感ではUl規格の方が抜けづらく感じました。

医療用として病院で主に使用されてるとのことですが、ライブハウス等のオーディオを扱う現場でも使えるのではないかな?と思いました。
そう思った理由が、僕が主によくして頂いたライブハウスさんや学校の設備に常設してあったり貸し出しをしているタップ。
これが挿し口が軽かったり、挿して回して固定するタイプ(このタイプだと、劣化していくうちに抜けやすくなって気づいたら抜けてた、なんてことがあるみたいです…)でした。
スタジオリハ中に抜けてしまうこともたまにあったので、ホスピタルグレードを導入すればこういったトラブルを回避できるのではないかな?と思ったためです。


電源に乗るノイズ


電源に乗るノイズ。
これは先程のアースでも触れましたね。
あちらはコンセントのアースがきちんと取れてない…というお話でした。
しかし、コンセントのアースはきちんと取っているのにノイズが出る…という方もいると思います。
それの原因が、実はタップから機器へ流れている電気だったりするかもしれません。

僕も講義を受けて初めて知ったのですが、ひとつのコンセントからハブやタップなどを使用して何個も機器を繋いでしまうと、電気がきれいに流れてくれなくなる そうです。
(きれいに流れてくれないという表現は適切ではないかもしれません。)

電気はオシロスコープという機器を使って波形として見ることができるそうで、何個も繋いだときの電気の流れと何も繋いでいない壁コンセントの波形を見せていただいたのですが、差は歴然。こちらがいただいた資料の波形でございます。
151087 B

142777 B

134306 B

壁コンセントの方(3枚目)はきれいな波形(ほんとに少し崩れがある程度)ですが、何個も繋いでいる方(1,2枚目)は波形がグチャグチャになっているのがひと目でわかります…
この波形の崩れが、ノイズを引き起こしていた原因だそうです。

かなりの差に自分自身も驚きました。
僕もタップで壁コンセントから何個も引っ張っているので、波形がめちゃくちゃになっていると思います…

こういった崩れた波形を補正する機器があるようで、(めちゃくちゃ高い)それを通した後の波形がこちらになります。
144700 B

128269 B

すっっっごいきれい。
壁コンセントよりもきれいになっていました。科学ってすごいですね!
崩れた波形を補正する機器、実は渋谷店にてAXE-FX IIIやHELIX RACK,スピーカーのA3Xに電源供給してくれているVOLTAMPERE / GPC-TQも補正を行うことができるのです!!!!昇圧機能だけでなく、電源を補正してあげる機能も備わっておりますので、ハイエンドマルチプロセッサーを使用している方だけでなく、お気に入りのアンプがあり実際にガンガン使用されている方などは是非渋谷店にてチェックされてみてはどうでしょうか!!


…いかがでしたでしょうか?
ここまで読んでいただいた皆様、ありがとうございます。
色々わかりづらくなってしまったところも多々ございますが、なにか感じたものがあればうれしいです。

今回の内容で気になる点などございましたら、お気軽にお申し付けくださいませ!
 
以上、エフェクターフロア我妻でした!

↓お問い合わせ先↓
〒150-0042 渋谷区宇田川町31-2 渋谷BEAM 2F
営業時間 11:30~20:30
TEL:03-3770-148
メールでのお問い合わせはこちらかshibuya@ishibashi.co.jpまで!!


※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

渋谷店のブログ こちらもお読みください

ブランド限定!!エフェクターたかーく買い取ります!!
1ヶ月以上
【 Line6マンツーマン相談会開催!!】開催延期のお知らせ
1ヶ月以上
「KEMPER PROFILER Stage」発表されました!!
1ヶ月以上
大盛況!!SATSUMA3042 X KEMPERイベント!!
1ヶ月以上
Fractal Audio Systems / FC-6 Foot Controllersのご紹介!!
1ヶ月以上

渋谷店 店舗情報

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町31-2
渋谷BEAM 2F

03-3770-1484

メールフォームはこちら

営業時間

AM11:30-PM8:30

店頭写真
地図

アクセス方法

●JR・東急・東京メトロ渋谷駅より徒歩5分。

駐車場

●渋谷BEAM駐車場:有料

渋谷店 新着情報

渋谷店 ブログ