楽器の品揃え日本最大級!ギター、管楽器、ドラムなど新品、中古楽器、欲しい楽器がお得に見つかる!

BOSSマルチエフェクターの新たなフラッグシップモデル、GT-1000!

3/30 (金)[新宿店]

遂に登場!BOSS GT-1000のご紹介!

いつも石橋楽器店をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
新宿店2Fペダホリ担当:久保です。

本日は日本が世界に誇るエフェクトブランド、『BOSS』のマルチエフェクターの新たなフラッグシップモデル、GT-1000をご紹介いたします!
GT-10からGT-100になった時は一気に10倍になったか!と思い、今回もGT-100からGT-1000なので同じく10倍なのですが、1000という数字になると重みが違いますねw

2018 Winter NAMM Showにて発表され、話題沸騰となった本製品、遂に4/14(土)発売決定となりました!まずはその外観をご覧いただきましょう!

305491 B
BOSS / GT-1000
¥108,000-


非常にスタイリッシュなルックスとなっております。大型のディスプレイと10個のフットスイッチ、6つのつまみと1つのマスターボリュームつまみ、6つのボタンと1つのエクスプレッションペダルを搭載。GT-100ではディスプレイが2つでしたが、今回のGT-1000では大型のものひとつにまとめられております。フットスイッチ上には青いLEDも常備されております。
上には何やら『A・I・R・D』という謎の記載もございますね。
次にリアパネルを見てみましょう。
82777 B

左から、
■メインインプット端子
■メインアウトプット端子(ステレオ)
■ヘッドフォン端子
■センドリターン端子(2系統)
■XLRアウト端子
■フットスイッチ、エクスプレッションペダル接続端子(2系統)
■アンプチャンネル切り替え用端子
■USB端子(オーディオインターフェース、エディター用)
■MIDI端子
■電源スイッチ
■電源アダプター端子

となっております。


最先端テクノロジーの粋を尽くして生み出した次世代のプレミアム・トーン

GT-1000 Guitar Effects Processorは、音質と表現力を極限まで追求し、最先端のDSPテクノロジーと長年のエフェクト/アンプ開発で培ってきたBOSSの知識と経験を、徹底的に無駄を排除したスリムな筐体に結集させた、次世代のフロア型ギター・アンプ/エフェクト・ユニットです。音楽用途に特化して新開発された超高速カスタムDSPチップを搭載、サンプリング・レート96kHz、AD/DA変換32bit、内部演算32bit float(浮動小数点)処理という業界最高クラスの超高音質を実現しています。また、数々のアンプ製品に取り入れられ高い評価を受けてきた、チューブ・アンプ・サウンドの設計コンセプトTube Logicをもとに、AIRD(Augmented Impulse Response Dynamics)という革新的な技術を新開発。この技術により、フロア型のユニットでは今まで実現不可能とされていた、アンプ全体の相互作用によって生まれる複雑な動作をどのような接続環境でも再現し、常にリアルで音楽的なレスポンスとサウンドを得ることができる、次世代のアンプがGT-1000の心臓部に搭載されました。さらに、コンパクト・ペダルのXシリーズで使われているMDP技術や、DD-500 Digital Delay、MD-500 Modulation、RV-500 Reverbにも採用されている高度なアルゴリズムにより設計された最新のエフェクトも多数内蔵。高度なルーティングやアサイン/コントロール機能、Bluetoothによるワイヤレス・エディットや豊富な入出力端子との組み合わせにより、全てのギタリストにあらゆるシチュエーションで最高の表現力を提供してくれます。
(メーカー説明文引用)


先程のA・I・R・DとはAugmented Impulse Response Dynamicsの略だったみたいですね。昨今流行のIR(Impulse Response)とはまた違ったBOSS独自の機能を搭載。WAZAアンプや刀アンプで培われたTube Logic、真空管の挙動等をこのGT-1000に落とし込んだ機能のようです。非常に評価の高いWAZAアンプ、刀アンプクラスのサウンドがこのGT-1000で聴けると思うと非常に楽しみですね!

音質と表現力に全てを捧げて作り上げられた最高峰のトーン

GT-1000は音質と表現力を極限まで追求して生まれた、BOSS最高峰のフロア型ギター・アンプ/エフェクト・ユニットです。音楽用途のためにカスタム設計され、従来モデルの3倍以上のパワーを備えた新しいDSPエンジンにより、入力から出力まで96kHzサンプリング、32bit AD/DA変換、32bit float (浮動小数点演算)による内部処理という、マルチ・エフェクターとしては世界初の超高音質設計を実現しました。圧倒的な演算能力によって生み出される驚異的な解像度、細部に渡るまで精緻に描写される豊かな表現力を、複雑な調整やEQ処理をしていない素の状態の音で感じてみてください。今まで「本物」ではないからという理由でマルチ・エフェクターを敬遠してきた人にこそ体感していただきたい、「本物」の音がここにあります。
(メーカー説明文引用)


96kHzサンプリング、32bit AD/DA変換という超ハイスペックマシン。他のマルチエフェクターではなし得なかった領域に突入です。もちろん、サンプルレート、ビット深度が高ければ音がいいか?と聞かれたらそれとこれとは話は別ですが滑らかで高品質な音が出るのは期待できますね!

アンプ・プロセッシングに革命を起こす最先端技術AIRD

GT-1000は、BOSS独自の最先端技術AIRD(Augmented Impulse Response Dynamics)により、従来では不可能とされていたレベルでのアンプ設計を実現しました。AIRDはBlues Cube、WAZA Amp、KATANAなどのアンプ設計のベースとなっているTube Logicコンセプトをアンプ・プロセッサーに適用、自由度と表現力を兼ね備えた次世代のアンプを実現しました。ギタリストが愛してやまないチューブ・アンプのサウンドは、各パーツやセクションがまるで生き物の様に、相互に影響し合うことによって生み出されています。Tube Logicコンセプトのもと、ギター・アンプの回路特性や動作、音に影響する全てのパーツとその相互作用を徹底的に研究し、一つの楽器としてギター・アンプを極限まで追求した結果、数々の素晴らしいアンプ製品が生まれました。しかし、サウンド再生システムを自分では持たず、状況によってアンプやPAなど様々なシステムに接続されるフロア型ユニットで、全体的な相互作用まで考慮した動作をさせるのは不可能とされていました。その不可能を可能にするためにBOSSが生み出したのがAIRDテクノロジーです。GT-1000がどのようなアンプやサウンド再生システムに接続されても、プリアンプ・セクションのキャラクターはもちろん、スピーカーやキャビネットの音響特性、さらにはそれらがアンプの内部回路に及ぼす電気的な影響に至るまで詳細に解析し、プレイヤーの演奏ニュアンスによってダイナミックに変化する絶妙なレスポンスをあらゆる環境で再現します。
(メーカー説明文引用)


小難しいことが書いてありますが、要は既存のシステムだとプリアンプならプリアンプ、パワーアンプならパワーアンプのシミュレートはできていたが、それらが相互で作用するようなところまではシミュレートできていなかったんですね。それを今回のGT-1000ではTube Logicをたたき台に、シミュレートが出来るようになった、という事ですね。
昨今流行のリアクティブロードのような感じでしょうか。これもどのように変わったのか非常に楽しみなところですね!

ひとつの楽器として生み出され磨き上げられたAIRDアンプ

GT-1000は、AIRDにより音楽的な表現力を徹底的に磨き上げ、ひとつの楽器としての完成度に達した至高のギター・アンプを搭載しています。従来のモデリング・アンプとは全く異なり、AIRDはギター・アンプの入力部からスピーカーまで含めた、アンプ全体の各パーツにより生み出される複雑な相互作用を統合的に再現。まるでアンプが呼吸しているかのように躍動感のある、アンプ全体の動きを生み出すことに成功しました。チューブ・アンプ特有のサウンドとレスポンスには、アンプ内部回路の特性や相互作用だけでなく、スピーカーの電気的な特性とアンプの内部回路との相互作用が非常に重要な役割を担っています。AIRDはそのダイナミックな関係性を完璧に解析、再現し、パンチと抜けがありながらも深みのあるアンプ・サウンドを生み出しました。フロア型のユニットから生まれているとは信じられないほどオーガニックに反応する、生きたサウンドが得られます。GT-1000には、透き通るようなクリーンから重厚なハイゲイン・タイプまで、あらゆるスタイルに対応できるBOSSオリジナル・アンプを搭載しています。最新のMDP技術を採用したアンプも搭載されており、アナログ設計では実現不可能なダイナミックさとニュアンスを表現することが可能です。もちろん、歴史的な名機とされているビンテージ・チューブ・コンボからモダン・ハイゲイン系のチューブ・スタックまで、定番のアンプも搭載しています。アンプは1パッチ内で2台まで同時に使用することができるため、サウンド・キャラクターの切り替えや、2台のアンプをミックスした複雑な音色、ステレオ・セッティングによる広がりのあるサウンドなど、様々な音色作りが実現できます。
(メーカー説明文引用)


非常に多くのアンプモデル内臓のようです。個人的にはWAZAアンプのブラウンサウンドが非常に好みだった為、そのあたりが期待大です!

あらゆる接続環境に順応して常に最大限のパフォーマンスを発揮

AIRDテクノロジーにより、GT-1000のアンプが持つ躍動感のある音色と弾き心地は、様々なセッティングの中でも変わらず発揮されます。GT-1000のAIRD OUTPUT SELECT機能で接続先を適切に設定すると、PAなどのフルレンジ・システムはもちろん、様々なギター・アンプの種類や、アンプ・インプット、エフェクト・リターン、スピーカーを駆動するパワー・アンプなどの接続先にも左右されることなく、スピーカーとの相互作用までも再現した本物のアンプ・サウンドとレスポンスを得ることができます。また、MAIN OUTPUTとSUB OUTPUTに異なる出力設定を行い、ギター・アンプとPAの両方に、それぞれ最適化された信号を同時に送ることも可能です。それぞれのアウトには独立したGROUND LIFT機能を搭載しており、外部機器との接続方法によって発生する可能性のあるグランド・ループ・ノイズにも個別に対処することができます。
(メーカー説明文引用)


接続先機器の設定等はGT-100でもございましたが、今回のAIRD OUTPUT SELECT機能はそれを大幅にパワーアップさせたもののようです。実物をまだ触っていないのでどんな感じかはまだ分かりませんが、ご自宅でも、リハーサルでも、ライブハウスでも最高のサウンドが得られるのは間違いないでしょう。詳細判明次第、追記いたします!

フラッグシップの名にふさわしい最高峰のエフェクト群

GT-1000は、フラッグシップの名にふさわしい最高峰のBOSSエフェクトを内蔵しています。定番のオーバードライブやディストーションをはじめ、スライサーやリングモジュレーターのような積極的な音作りができるエフェクトまで幅広く網羅。ハイエンド機種として評価が高いDD-500 Digital Delay、MD-500 Modulation、RV-500 Reverbから受け継いだ高度なアルゴリズムや、フレーズのダイナミクスや音域にインテリジェントに反応する最先端のMDPエフェクト、AD-10 Acoustic Preampから移植された、エレクトリック・アコースティック・ギター用のAcoustic Resonance機能など、最新のBOSSエフェクト技術を結集しています。GT-1000のエフェクト・チェイン上では複数のディバイダーとミキサーを自由に配置することが可能で、搭載されたエフェクトとプリアンプを様々なパターンで直列/並列接続して自由な音作りができます。また、モノラル2系統(ステレオ1系統)のエフェクト・ループも搭載しており、内蔵エフェクトと一緒にメモリーすることができるので、こだわりの外部ペダルや外部プリアンプを組み合わせた音作りが可能です。さらに、強力なDSPエンジンにより、今までにない超高速パッチ切り替えとディレイ/リバーブのキャリーオーバーを実現、シームレスなパフォーマンスを可能にしました。
(メーカー説明文引用)


BOSSといえばやっぱりエフェクターですね!
定番のオーバードライブやディストーションをはじめ、スライサーやリングモジュレーターのような積極的な音作りができるエフェクトまで幅広く網羅。
と書いてある通り、ほぼ何でも入っている感じでしょう。ディストーションのあとに書いてあるエフェクターがスライサー、リングモジュレーターという時点で気合が伝わってきますw

パフォーマンスの幅を広げるリアルタイム・コントロール機能

GT-1000に搭載された10個のフットスイッチとエクスプレッション・ペダルを駆使することにより、演奏中でも様々な機能をリアルタイムにコントロールできます。また外部のフットスイッチやエクスプレッション・ペダルの増設や、MIDI、USBを経由して、さらに多彩なコントロールも可能です。各フットスイッチの機能は自由にカスタマイズ可能で、パッチの切り替えとコントロール機能を割り当てる、といった基本セッティングだけでなく、特定のエフェクトのON/OFFやタップ・テンポ、特定のパラメーターの変更やシステム・セッティングの変更など、ほぼ全ての機能を好きなように割り当てて自分に最適なシステムを構築することが可能です。各機能の割り当ては大型LCDに表示されたテーブルと6つのつまみでグラフィカルに設定できます。また、各フットスイッチ上部のLEDの点灯カラーも変更できるため、複雑な機能割り当てを色で識別することができます。
(メーカー説明文引用)


フットスイッチのアサインはかなり自由に出来るようですね。アサインしたものも、フットスイッチ上部のLEDで色分けが可能になっている為、ご自身で「赤はこのプリセット」、「青はディレイのオンオフ」、「緑はドライブのオンオフ」という風にプリセット毎に設定しておけば分かりやすそうですね。

USBオーディオ/MIDIと、ワイヤレスでの編集を実現するBluetooth

GT-1000本体パネル上のユーザー・インターフェイスは非常に直感的で分かりやすいものですが、スマートフォンやタブレットを使うとさらに簡単にエディットすることが可能です。GT-1000はプロフェッショナル・クラスのフロア型ユニットとしては初めてBluetooth機能を搭載しており、iOS/Androidに対応した専用エディター・アプリ、BOSS Tone Studioからワイヤレスで音色を編集/管理することができます。自宅やスタジオ、ステージでGT-1000をエディットする時など、わざわざかがんで本体上のつまみを操作しなくても、手元のデバイスから快適な操作が可能です。内蔵ルーパーでフレーズをループさせながらステージを降り、観客の位置からサウンドを確認しながらその場で調整するといった使い方もできます。また、GT-1000には、USBオーディオ/MIDIインターフェイス機能が装備されているので、DAWへの録音やリアンプが簡単に行えます。USBを使用すれば、Mac/Windowsに対応した専用PCエディターを使い、よりグラフィカルなサウンド編集/管理が可能です。
(メーカー説明文引用)


遂に来ました!Bluetoothでのスマホ操作は非常にいい機能ですね!BOSSなので操作性は非常にいいと思われますが、足元に置くものの為、リハーサル中等立ちながらスマホでスッと音作りを変える、といった事もGT-1000なら可能です!

■楽器専用に新しく設計された次世代の BOSS カスタム DSP エンジンを搭載
■最新の AIRD (Augmented Impulse Resonance Dynamics) テクノロジーにより、Tube Logicコンセプトをフロア型ユニットで体現、あらゆる接続環境で意図した通りのサウンド・デザインが可能
■アンプ全体の複雑な相互作用によって生まれる極上のサウンドとレスポンスを備えた、表現力豊かなAIRDアンプを多数搭載
■最先端の MDP エフェクトや、DD-500 Digital Delay、MD-500 Modulation、RV-500 Reverb から移植された高度なアルゴリズムによるエフェクトをはじめ、ハイ・クオリティなBOSS エフェクトを多数搭載
■アンプとエフェクトの直列/並列接続を多彩なルーティングで組み合わせられるエフェクト・チェイン機能
■超高速化された音色切り替えと、 ディレイ/リバーブのキャリーオーバー機能を搭載
STOMPBOX機能により複数のパッチでセッティングを共有し、コンパクト・ペダルを接続している時のように簡単なセッティング変更が可能
■視認性の高い大型ディスプレイと、 自由に機能割り当てができるつまみを6つ搭載し直感的な操作が可能
■割り当てる機能と LED カラーを自由に変更可能な、 10 個のフットスイッチとエクスプレッション・ペダルを装備
■2つの表示モードを搭載しモノ/ポリフォニックの両方に対応した高精度チューナー
■標準端子のステレオMAIN OUTPUTと、 XLR 端子のステレオSUB OUTPUTに加え、ステレオ 1 系統/モノラル 2 系統で使用可能なエフェクト・ループを装備
■フットスイッチ、 エクスプレッション ・ ペダル、 MIDI、 USB による多彩な外部コントロールが可能
■Bluetooth機能を内蔵し iOS/Android に対応した専用エディターからワイヤレスでパッチの編集/管理が可能
■DAW への録音や PC からの音色エディットを可能にする USB オーディオ/MIDI インターフェイス機能を搭載



いかがでしたでしょうか。
今回は新たに発表されたGT-1000のご紹介でした。
新宿店では只今ご予約受付中です、今なら初回でのご案内が可能ですので、ご検討されている方は是非お早めに!
今回も最後までご覧になって頂きまして、誠にありがとうございました。
次回もお楽しみに!


主な仕様
サンプリング周波数:96kHz
AD変換:32ビット+AF方式:※AF方式(Adaptive Focus method)はADコンバーターのSN比を飛躍的に向上させるローランド/ボス独自の方式です。
DA変換:32ビット
エフェクト・タイプ:116種類
メモリー:250(ユーザー)+250(プリセット)
フレーズ・ループ:38秒(モノ):19秒(ステレオ)
チューナー内部検出精度:±0.1cent
規定入力レベル:INPUT:-10dBu:RETURN1:-10dBu:RETURN2:-10dBu
最大入力レベル:INPUT:+18dBu:RETURN1:+8dBu:RETURN2:+8dBu
入力インピーダンス:INPUT:1MΩ:RETURN1:1MΩ:RETURN2:1MΩ
規定出力レベル:MAIN OUTPUT(L/MONO、R):-10dBu:SUB OUTPUT(L、R):+4dBu:PHONES:-10dBu:SEND1:-10dBu:SEND2:-10dBu
出力インピーダンス:MAIN OUTPUT(L/MONO、R):1kΩ:SUB OUTPUT(L、R):600Ω:PHONES:20Ω:SEND1:1kΩ:SEND2:1kΩ
推奨負荷インピーダンス:MAIN OUTPUT(L/MONO、R):10kΩ以上:SUB OUTPUT(L、R):600Ω以上:PHONES:44Ω以上:SEND1:10kΩ以上:SEND2:10kΩ以上
コントロール:BANK▼スイッチ、BANK▲スイッチ、CTL1?3スイッチ、1?5スイッチ、POWERスイッチ:EFFECTボタン、MENUボタン、EXITボタン、WRITEボタン、PAGEボタン:1?6つまみ、OUTPUT LEVELつまみ:エクスプレッション・ペダル
ディスプレイ:グラフィックLCD(512×160ドット、バックライト付き)
接続端子:INPUT端子、MAIN OUTPUT(L/MONO、R)端子、SEND1端子、RETURN1端子、SEND2端子、RETURN2端子:標準タイプ:SUB OUTPUT(L、R)端子:XLRタイプ:PHONES端子:ステレオ標準タイプ:CTL4, 5/EXP2端子、CTL6, 7/EXP3端子、AMP CTL1, 2端子:TRS標準タイプ:USB COMPUTER端子:USB Bタイプ:DC IN端子:MIDI(IN、OUT)端子
電源:ACアダプター
消費電流:1.2A
付属品:ACアダプター:取扱説明書:「安全上のご注意」チラシ:保証書:ローランド ユーザー登録カード
別売品:フットスイッチ:FS-5U、FS-5L、FS-6、FS-7:エクスプレッション・ペダル:EV-30、FV-500L、FV-500H、Roland EV-5
外形寸法 / 質量
幅 (W):462 mm
奥行き (D):248 mm
高さ (H):70 mm
質量:3.6kg


305491 B
BOSS / GT-1000
ご予約はコチラから!


※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

新宿店のブログ こちらもお読みください

SYNERGY AMPS ー自身の理想のアンプを作る事が出来る革新アンプのご紹介!ー
16日前
LINE6 POWERCABのご紹介!
18日前
FRACTAL AUDIO SYSTEMS / Axe-Fx III徹底解説!
26日前
FRACTAL AUDIO SYSTEMS / Axe-Fx III徹底解説!第二弾!-Hardware編-
28日前
KEMPER PROFILERご購入で新宿店限定USBメモリープレゼント!
1ヶ月以上

こちらの記事もあわせて読まれています(ベータ版)

FRACTAL AUDIO SYSTEMS製品をスマホ、タブレットで操作!?FracPadのご紹介![新宿店]
1ヶ月以上
FRACTAL AUDIO SYSTEMS / Axe-Fx III徹底解説![新宿店]
26日前
FRACTAL AUDIO SYSTEMS / Axe-Fx III徹底解説!第二弾!-Hardware編-[新宿店]
28日前
SYNERGY AMPS ー自身の理想のアンプを作る事が出来る革新アンプのご紹介!ー[新宿店]
16日前
LINE6 POWERCABのご紹介![新宿店]
18日前

新宿店 店舗情報

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-3-2 地下鉄会館ビル

03-3350-1484

メールフォームはこちら

営業時間

AM11:30-PM8:30

店頭写真
地図

アクセス方法

●JR・東京メトロ 新宿駅より徒歩5分
東京メトロ 丸の内線、副都心線、都営新宿線 新宿3丁目駅 C4出口 より徒歩0分

駐車場

●専用駐車場:なし
●近隣のコインパーキング(有料)使用可

新宿店 新着情報

新宿店 ブログ