楽器の品揃え日本最大級!ギター、管楽器、ドラムなど新品、中古楽器、欲しい楽器がお得に見つかる!

2016年のGibson USA もう一つのラインナップ「High Performance」シリーズ!!

2016/9/8 (木)[御茶ノ水本店]

「ハイパフォーマンス」その名に偽りなし!!



140841 B



輸入ギターフロアからこんばんは!
ここ数日、恐ろしいことに納豆の消費量が一日平均7パックの柏崎でございます!

先月、2016年のLes Paul Standardってどうなってんのよ的な記事を書かせて頂いたのですが、(まだ見てないよ!な方はコチラ)
本日はそちらでもチラッとご紹介した「High Performance」(長いので以下「HP」)シリーズをご紹介させていただきますッッ!!!

2015年の仕様を更にアップデートしたスタイルのシリーズ。
一言で言えば、超現代的Gibsonギターです!(本当、そのままで申し訳ないです笑)

上にある画像に写っているギターは、現在当店に在庫している「HP」達なのですが、ラインナップにはSGや変形など、「Traditional」シリーズの機種と実は同じラインナップが揃っております。
ですので、Firebird V High Performanceもいれば、Explorer High Performanceもちゃんとおりますので、変形好きな方もご安心下さいませ。(笑)



それでは、実際のモデルでご説明いたします!!
※以下の仕様は「HP」シリーズ全機種共通です。



131623 B

Gibson USA / 2016 Les Paul Standard High Performance Honey Burst ¥317,000-(税込)
スミマセン・・・入荷したてで商品ページは大急ぎで準備中です。。。

撮影者ながら、イイ杢目だなぁ(笑)
早速「HP」の特徴を書いていきましょー!



115248 B
皆様ご存知のG-Forceはアップデートが施され、更にスムーズなチューニングを実現しました。
Min-ETune時代しか知らないという方はきっと驚くでしょう(笑)
因みにG-Forceなってからはリペアでお預かりする回数が激減しました。
細かい点ですが、ツマミがクローム・キーになっており、現代的な仕上がりに良くフィットしています。



107698 B
昨年はブラス製のゼロフレット・ナットでしたが今年はチタン製に変更。
ナットとしての耐久性も増し、サスティンも向上します。
また、昨年は弦を外すと簡単に外れてしまう仕様で個人的に不安でしたが、今年はイモネジで固定されているので安心です。
ナット幅は約44mmで昨年よりは細く、「Traditional」シリーズよりは2mm程太いですが、違和感はあまり感じません。



123388 B
ハイポジの演奏に超貢献するファスト・アクセス・ヒール・ジョイントを採用。
ギブソンでこれが標準てのは凄く新鮮、てか滅茶苦茶新鮮です(笑)



108746 B
フレットは全てクライオジェニック処理が施され、インレイにはマザー・オブ・パールを使用。
最近ではカスタムショップやメンフィス製品でお馴染みのロールド・バインディングが採用されているので、手の馴染み易さもバッチリです!
至れり尽くせりなネックですねぇ。。。



101884 B
見た目明らか違う!と思っていたらやはり変わっていました(笑)
切り替えた時にスムーズで低ノイズになっています。


79111 B
これはレスポール限定なのですが、2015年同様ピックガードの着脱が容易に行えます。
エスカッションに刺さっているだけなので・・・










123404 B
ジャーン!















73069 B
ジャーン!!




最後、少ししょぼい感じになってしまいましたが(笑)、どうしょう!
基本的にはピックアップやネックシェイプ等は「Traditional」シリーズと同スペックで、「HP」はそこに上記の仕様がプラスされると思うと分かりやすいかと思います!




ここからは更にLes Paul StandardとLes Paul Studioだけについた機能をご紹介しましょう。

まず、「Traditional」のStandardは各Volノブでコイルタップ、フロントのトーン・ノブでミックス時フェイズアウト、リアのトーンはリア・ピックアップのダイレクト・スイッチとなっていました。
(Studioは各Volノブでコイルタップのみ)

「HP」のStandardはリアのトーン・ノブが変更され、プッシュ/プルによりタップ時のコイルを内側か外側を選択できるスイッチとなっております。
(Studioは変更なし)

103952 B
そしてバックのパネルを開けると、内部にはなんとディップ・スイッチがございます。
なんぞと思うとご丁寧にパネルに説明が書いてある訳なのですが・・・

152347 B
なんのこっちゃ!ってなる前にご説明しましょー!
※これはStandardとStudioだけの仕様です。


1〜5の五つのディップ・スイッチがあるのですが、それぞれ以下の働きをします。

1:フロント・ピックアップのコイルタップ、またはスプリットの選択
2:リア・ピックアップのコイルタップ、またはスプリットの選択
3:フロント・ピックアップのハイパス・フィルターのアウト/イン
4:リア・ピックアップのハイパス・フィルターのアウト/イン
5:過信号サプレッサーのアウト/イン


1と2については、各Volノブを上げた際、出力を落とした状態のコイルタップ完全にシングルでの出力となるスプリットかの選択が出来ます。
これにより、例えば上記のリア・トーン・ノブとの組み合わせでミックスの際にストラトっぽく(内側)できたり、テレっぽく(外側)できたりしちゃうわけです!
もんげ〜!

3と4はインにすると、ボリュームを絞っていった際にもキラッとトレブルが残るので、ライブなどで頻繁にVolノブを触るプレーヤーにとっては味方になってくれそうです。

5は強い入力が入った際に、ギター側で抑えることができるもので、宅録などで活躍しそうな感じですね。

これは本当にもんげーですね〜。
1〜4に関しては弾き手によって、セッティングが変わる部分だと思いますので、自分ならどうするかなぁと考えるだけで楽しいです。
3と4はインで1と2が迷いますねぇ(笑)

とまぁこんな感じで本当に、一本で何でもできちゃうんじゃねーかっていう仕様になっております!




いかがでしたでしょうか!
昔ながらのGibsonギターが好きだ!欲しいという方は「Traditional」を。
いや、一本でなんでもできるGibsonがあるなんて!俺っちは迷わずそっちだぜなあなたは「HP」をお選びいただくと、満足頂けるかと思いますyo!

「HP」に関しては、是非店頭でお試し頂きたく思いますので、お気軽にご来店くださいませ♪
お問い合わせ赤3F輸入ギターフロアまでお願いします!


最後に付属のハードケースをチラ見せしてお別れ!




81211 B
これ超重いんすけど、超カッコイイんすよねぇ・・・・・・


それでは皆様!!
グナイ!!


※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

御茶ノ水本店のブログ こちらもお読みください

ヌーノモデルN1が入荷!!【N1 NM】
8分前
LINE6の技術の結晶【VARIAX STANDARD】
1日前
!!【中古入荷速報】!!
1日前
Gibson箱物特集第一弾!あのキングのモデルが登場?!
2日前
【遂に来日ってことで!!】スラッシュモデルのレスポールスペシャル!
2日前

こちらの記事もあわせて読まれています(ベータ版)

またまたGibson USAのアウトレットギターについてご紹介します。[新宿店]
1ヶ月以上
Gibson USA 2017 New Les Paul Standard![梅田店]
1ヶ月以上
PB/JBのブリッジ交換編[御茶ノ水本店]
1ヶ月以上

御茶ノ水本店 店舗情報

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2

03-3233-1484

メールフォームはこちら

営業時間

平日・土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

店頭写真
地図

アクセス方法

●JR御茶ノ水駅より徒歩1分
●東京メトロ丸の内線 御茶ノ水駅、千代田線 新御茶ノ水駅徒歩2分

駐車場

●なし
最寄のパーキングをご利用下さい。

御茶ノ水本店 新着情報

御茶ノ水本店 ブログ