楽器の品揃え日本最大級!ギター、管楽器、ドラムなど新品、中古楽器、欲しい楽器がお得に見つかる!

YAMAHA reface発表、予約受付速攻開始!

2015/07/09 (木)[立川店]

ちっこくてカッコよくて中身も洗練された小さな本格キーボード4種。まとめつつポイントを洗っていきます。

◆この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
憶測やリーク情報などが飛び交っていたYAMAHAの新シンセ
「reface」、とうとう発表されましたね!
それは現代ポピュラーミュージックの歴史を作ってきたYAMAHAキーボードの歴史を超コダワリのクオリティで超小型に凝縮した4台のキーボードでした!




発表されるのは4種類。
DX 使いやすくブラッシュアップ、エフェクト搭載した往年のDXシンセ
CS AN音源搭載、8音ポリフォニックアナログモデリングシンセ
CP エレピ専用音源搭載エレピ特化キーボード
YC オルガンフルート音源装備のオルガン特化キーボード




あらやだオシャンティー!かっこいい。


DXはちゃんとDX7の濃いこげ茶だし、CPは表面の質感とヘアラインなパネルはもろローズな感じ。YCに至ってはスイッチの形やら色、本体のツヤツヤ感といいYC25Dでしょうか?超カッコイイです。
いやあ各モデルコンセプトを明確に打ち出しつつ、シンプルかつシャープな質感。

そんな中でCSは…なぜ白なんだ!
CS80は黒いし…てかCSシリーズ大体黒いし…白…CS-6X?はシルバーだし。いや。でも黒いパネルに白い筐体のモノトーンびしっとスタイルは単純にカッコイイです。


幸運にも事前に触れた人もいたようで(羨ましい!キー)、触れなかった元・担当は各社の情報を参考にしながらまとめ、気になってる人たちの参考になればと思います。


音源とか既に公開された説明書を読んだりとかしつつ各モデルの感想や期待をつらつら。
まず、共通コンセプト部分で特記すべきポイント。


◎超小型・スピーカー内蔵・単三電池6本で駆動
電池駆動は予測がつきますが、スピーカー内蔵!ここに拍手喝采。本番前やスタジオ待ち時間などに音を出せると練習も音作りもはかどりますし、DTMでもすぐ音出したい!っていうこと、よくあります。

◎小型シンセなのに専用音源をそれぞれ搭載、コントロールの質感もハイクオリティ!
サイズ感も見る限りポータブルMIDIキーボードくらいのサイズなのに質感しっかり、音質バッチリプロフェッショナルモデル同等、いじり甲斐も必要十分といった具合。エレピはエレピ専用、オルガンもオルガン専用、DXは勿論サンプリングじゃないリアルFM音源、CSは既に評価の高い独自のアナログモデリング音源(AN音源)を搭載。少ないコントロールでも直感的に音作りを楽しめるインターフェイスと相まって、小さいけどゴリゴリ弄りたくなるし、それに答えて素敵な音を出してくれそう。

◎シンセ鍵最高峰・FSX鍵盤と同等のパーツを使用した超こだわりのミニ鍵盤HQミニ鍵盤
何を隠そう私このタッチの素晴らしさで未だデカいMOTIFをDTMに使ってます。ミニ鍵はかなり増えてきたものの通常サイズよりタッチの優れたモノには未だ出会わず。FSX鍵盤のタッチを継承したというHQミニ鍵盤は、タッチにちょっとうるさいDTMerやキーボーディストを納得させられるか?注目です。


さて続いては各モデルのざっくりレビュー。


reface DX

4オペレーター12アルゴリズムの最新音源とエフェクトを内蔵したFMシンセ。
こちらのみ液晶パネル+タッチパッド操作ですが、フリック操作に対応し、同時に4つのオペレータのパラメータをサクサク弄れるタッチパネルはかなり快適そうです。4オペながら旧来と異なりオペレーターのフィードバックが鋸波や矩形波も選択可能で、DX7などよりシンプルな手順で複雑な倍音を生み出せるのが素晴らしい!チックエレキバンなリードサウンド、ド定番のエレピサウンド、■HKスペシャルの音なチューブラベルなど、6オペじゃなくても再現できるのか!というちょっとした衝撃。ついに鍵盤つきFMシンセ単体機に搭載されたエフェクターと合わせて、洗練されたインターフェイスでサクサクいい音作り。FMシンセは難解、というイメージを崩せるか、楽しみです。


reface CS

ヤマハのアナログモデリングシンセはAN1Xの頃から非常に太くてエッジの効いたイカしたサウンドだったんですが、reface CSの音はその基本的キャラクターは活かしつつ、音の密度と表現力が高くなった印象。CS-80などの往年のアナログポリシンセのまったりとした心地よさもかなり出ているのでは?オシレーターまわりはある程度プリセット化されていますが、PWMやシンクのオシレター変調具合、ADSRのエンベローなど、少なめのスライダーでも弄りたいポイントは押さえたコントロール。ポリシンセの味方コーラスや現代のダンス音楽に不可欠な歪みなどエフェクトももちろん搭載。早く弄り倒したい!


reface CP

ピアノ・エレピ…ではなく、完全にエレピオンリー!思い切ったことをしてくれます。
ローズ2種、ウーリー、クラビ、トイピアノ、CPの6タイプ。専用音源搭載なだけあり、小型でも音が本格的で弾いていて心地よさそうです。シンセを買うときウーリー系エレピの音がどれだけリチャードかで決める、ひねくれ元担当も納得のクオリティ。ローズもフェイゲンごっこやリチャードティーごっこしたくなるナイスサウンドだし、クラビも永遠に手が止まらなそうな食いつきの良さ、余韻のビヨーン感もバッチリ。CP-80の音は流石本家、低音を強く弾いたときの質感、弱く弾いたときのくぐもった感じは「言葉に出来」ません。んでトイピアノなんですかコレ。ちょっと病んだ感じの高音がスゲェいい音。そして異常に効きのよいエフェクトをこいつにかけると…サスペンス劇場…コワイ!


reface YC

色的にはYC-25Dでしょうか?鮮烈な赤ボディとカラフルなスイッチ・タブが懐かしくも新鮮。クソ可愛いです。
YCの名前を冠した時点でガッツポーズな方もいらっしゃるでしょうが、この国産コンボオルガンの名機を知らずとも、そのサウンドを聴けばキーボーディストならアガることでしょう。ハ●ンド、ヴォッ▲ス、▼ァル▼ィーザ、そしてGSサウンドには欠かせない国産オルガンAとYC。A収録しちゃうのが凄いってか大丈夫かって感じですが、聴く限りこのトランジスタオルガン系の音、物凄く良いです。FとYCは特にちょっとヤバイ。ちょっとデモでは大人しかったトーンホイールをうねうね言わせたハ●ンド系の音がジョンロードしてれば完璧だと思われます。オルガンで肝心な鍵盤タッチもFSX鍵盤で弾き心地もいいとなると、これはもう弾きまくるしかないですね。



DXとCSはMIDIルーパーも装備で音作りをする間ずっとフレーズ垂れ流してパラメータ弄って音色を決めることも出来るとか。
こちらシンセ系2モデルは9/1発売、キーボード系CP・YCの2モデルは11月2日発売予定。販売価格は全て税込48,600円を予定しております。

もひとつ、プチ情報として12月頃にはrefaceシリーズにギターストラップを付けられるようなキーター(ショルダーキーボード)アタッチメントも出す予定とか。DXとCSのベンドは効き方を反転も出来るので、ステージ最前でバンバンソロ取ってくださいまし。もちろんオルガンで攻めてもトイピアノ発振させるのもベネ(よし)です。

個人的にはCPかDXをMOTIF売り払って買い換えて、DTMシステムをコンパクトにしたいと密かに画策している元・担当コバがお送りしました。ご予約お待ちしてます!


※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

立川店のブログ こちらもお読みください

本日発売話題の新機種展示中!!
1ヶ月以上
明日発売のYAMAHA MODXのキャンペーンのお知らせ♪
1ヶ月以上
現行モデルの人気シンセが中古で入荷!!
1ヶ月以上
中古5%OFFが今月も継続でございます!!
1ヶ月以上
【新製品情報!!】MONTAGEを諦めていた方必見のシンセサイザーです!!
1ヶ月以上

立川店 店舗情報

〒190-0012
立川市曙町2-7-17
丸井・井上共同ビル7F

042-528-1484

メールフォームはこちら

営業時間

AM11:00-PM9:00

店頭写真
地図

アクセス方法

●JR立川駅より徒歩2分
多摩モノレール立川北駅より徒歩2分

駐車場

●立川モディ指定駐車場:有料
●当店でのご利用金額5,000円以上で2時間まで無料
●当店でのご利用金額2,000円以上で1時間まで無料

立川店 新着情報

立川店 ブログ