イシバシ三銃士のスーパーギター列伝

第20回(by 佐藤 俊太)

Q:最近子供が楽器に興味を持ち始めています。クリスマスプレゼントに楽器をプレゼントしたいのですがオススメはありますか?

A:お子様のご年齢に合わせ、各種オススメさせて頂きます。

 渋谷店佐藤です。

 今回も実際に店頭で皆様から頂く事の多い(時にきわどい)ご質問に率直に回答させて頂きます。

 すっかりクリスマス時期ですね。私も今年1年間真面目に仕事をして良い子にしていましたので、プレゼントが欲しい所なのですが… 同じく良い子にしていたお子様に楽器をプレゼントしたい、そんな方も多いかと思います。

 というわけで今回のメルマガでは、そんなプレゼントにぴったりの弦楽器を、お子様の年齢層に合わせいくつか紹介させて頂きます。
*対象年齢はあくまで目安です。

#1: Epiphone / Les Paul Acoustic/Electric Ukulele

対象年齢;4歳くらいから?

 「最近子供がエレキギターに興味を持ち始めている。しかしさすがにギターは大きすぎるし電気も使うし弦が金属で危ないんじゃないか・・・?」

 そんな方にオススメなのがこちらのウクレレ。小さいながらもちゃんと「Les Paul」の名を冠した本格派です。コンサートサイズですがボディは小振りで抱えやすく、弦はナイロンでエレキギターやアコースティックギターの金属弦と比べると押さえる際の力も少なくて済みます。エレキギター(レスポール)ちっくなルックスですが、中が中空構造となっており、アンプに繋がず生でポロポロと鳴らしてもある程度しっかりと音が出ます。

 さらにパッシブではありますが、ピエゾピックアップも内蔵していますので、上達・成長された後にちょっとしたライブや合奏等に使う事も可能。楽器としてのクオリティもさることながら、単純に小さくても「弦楽器って面白い!」という体験を与えてくれる1本と言えます。

#2: Yamaha / JR2

対象年齢;8歳くらいから?

 世界のYAMAHAが送り出すミニ・アコースティックギター。ヤマハのギターはお手頃な入門機種であっても非常に厳しい品質管理の中作られ、クオリティがずば抜けて良い事で知られていますが、本モデルについてもそのクオリティは保たれています。

 フルサイズのアコースティックギター、FGシリーズを一回り小さくしたルックスで、体格にもよりますが、小学校中学年くらいの方であれば楽に抱えられるサイズ感で、ネックも一回りスリムで握りやすくなっています。入門機種としてはもちろん、成長された後も気軽に持ち運べるトラベル用として活躍できる1本です。

#3: 明和電機 / Otamatone

対象年齢;?歳〜

 様々な形態でアート活動を行う兄弟ユニット・明和電機が送り出すプロダクト、オタマトーン! 片手でしっぽにあたる棒状の部分を押さえ音程を決め、もう一方の手で口にあたる部分をぱくぱくと動かすと音が鳴るという、操作性はギターに似た? 電子楽器です。

 ぱっと見はおもちゃのようなルックスですが、実は公式な対象年齢は15歳以上。私も演奏した事がありますが、ちゃんと演奏しようとすると意外に難しく奥が深いのです。しかしながら、最初に紹介したEpiphoneのウクレレとは別のアプローチで「音を出すって面白い!」という体験を与えてくれるプロダクトである事は間違いありませんので、ルックス的な可愛さもあり、小さいお子様へのプレゼントとしてもオススメできます。

 今回紹介させて頂いた3機種以外のモデル/ブランドについても、ミニサイズ・お子様用とはいえどかなり気合の入った楽器が近年増えてきています。お子様用のプレゼントと言いつつ面白い楽器を探してみると、大人のベテランプレイヤーの方にとっても楽しめるような、意外な発見があるかもしれませんね。

 大いなるギターワールドの旅に出かけよう!

佐藤 俊太

佐藤 俊太(さとう しゅんた)

渋谷店リユースマネージャー。普段は渋谷店アコースティックフロアに籍を置きつつ、イシバシ社内のエレキやベース、アンプ等含めた海外でのヴィンテージ楽器の買付も担当、定期的に渡米し現地のディーラー/コレクターと直接交渉を重ね買付を行っている。特にアコースティックギターに精通しているが、プライベートではパンクやガレージロック、ダークなアンビエント等を好み、愛器は1970年製Guild Bluesbird、モディファイした近年製SG Special、自作のストラト・タイプなどなど。個人的にはヴィンテージ/近年製問わずアクの強い楽器が大好物。はじめての楽器選びから一生モノとなるとっておきの1本まで、皆様の愛器との時間が最高のものとなるべく、精一杯お手伝いさせて頂きます。