Ishibashi Mail Magazine

もう一度、この一枚を聞け! バックナンバー

「イシバシ・メールマガジン」初回発行以来、継続している人気コーナー”この1枚を聞け”の全てのバックナンバーを掲載しました。アルバム発売当時の時代背景やエピソードも満載!ややマニアックな一枚をもう一度要チェックです!


目次に戻る

MOB RULES / BLACK SABBATH



 オジー・オズボーン脱退後に参加したボーカリスト、ロニー・ジェイムス・ディオが
加入後、2作めの本アルバム。生粋のサバス・ファンにとってはオジーが居ないサバスは
サバスでないという方もいると思う。ただ、それだけでは片付けられないのが、この
アルバム「MOB RULES」だ!

 ロニーが加入しての1作め、「HEAVEN AND HELL」も確かに名盤である。しかし、この
アルバムからドラマーがオリジナルメンバーでもあったビル・ワードからカーマイン・
アピスの弟でもあるヴィニー・アピスに変更になっている。このドラマーが非常に良い!
独特の前乗りのフレーズは非常に疾走感をあおる。その雰囲気が良く現われているのが
5曲目に収録されているアルバムタイトルでもある”The Mob Rules”である。
また、ハードロックの典型的なパターンが収められているのがアナログ盤でのB面の
1曲目(CDでは?)、"County Girl"から最後の”Over And Over"までの展開である。
ミディアムテンポからハイスピードになり、そして最後にヘビー・スローになるという
私の最も好きなパターンである。

 前作も確かにこのパターンであるが、やはりドラムが変わるだけで音のしまり方が
全く変わってしまう。ビル・ワードがダメというのではなく、この声にはヴィニー・
アピスがあっていると思う。
 そしてこのメンツで80年に来日している。私は日本青年館公演を見に行っているが
他の公演ではトニー・アイオミの体調不良が原因で、公演がフルに行なわれなかった
と言われる来日公演であった。(幸い私が見に行った公演はフルステージであった)
 この公演でも感じた事はやはり強力なリズム隊で、ギーザー・バトラーのブリブリな
ベースに、超前乗りのヴィニーのドラムが際立っていた。

 よくあるヘビー・バンドのパターンであるがこのメンバーも来日後、直ぐにロニーが
脱退し、サバスは俗に言う低迷期に入る。イアン・ギランが加入したサバスはもはや
サバスではなく、少々呆れてしまう部分もあった。ハードロックファンからしたら
イアン・ギランは”Paranoid”を唄ってはいけないし、トニー・アイオミは”Smoke On
The Water"を弾いてはいけないのである。

 そして脱退後、ロニーはヴィニー・アピスと共に”DIO”へと加入していき、90年代に
入ってからこのメンツで1枚のアルバムのみ再結成され、また闇に消えていった。
しかし、2007年になってこのメンツで再結成し、ツアーに出ている。バンド名は権利の
問題なのか”HEAVEN AND HELL”になって新しい音源も出てきた。しかも、うれしい事に
今年のラウド・パーク07にヘッドライナーとして参加が決定した。オヤジ・ハードロック
・ファンとしては見に行きたいが・・・ とにかくこの1枚を聞け!