スターキー星の「月刊 GUITAR TALKING」第25回

Fender USA Custom Shop / MBS TAKANAKA Stratocaster II 「一番好きな海の色」 built by Dennis Galuszka



1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

 みなさん、こんにちは。スターキー星です!

 おそらく、もう手に入らないものと半ば諦めていた方も多いと思います・・・。こちらはフェンダーUSAカスタムショップで50本のみ限定製作された高中正義モデル・ストラトキャスターです。2013年7月に発表、2014年11月より順次出荷開始となったものの、ほぼ予約完売。そんなレアモデルが、このたび渋谷店へと奇跡的に入荷しました。

 マスタービルダーのデニス・ガルスカ(ガルズカ、ガルツカとも表記される)が50本のみ製作したリミテッドモデルで、2007年に製作されたサンバーストに続く第二弾のシグネイチャーモデルにあたります。日本屈指のトップギタリストである高中氏本人が「一番好きな海の色」をギターに描くために、そのグリーンスパークルの色合わせに数年間の期間を費やしており、ポジションマークは何とヤシの木をモチーフとしている遊び心があふれるギターです。

 私自身も3~4年ほど前にフェンダーのコロナ・ファクトリーを訪問した際にプロトタイプを見る機会があったのですが、そこから度重なるミーティングを経て、一際良い色味にアップデートされています。アメリカ人と日本人では眼の色素や、色彩感覚が異なるため、色合わせの作業は難儀します。私たちもサンプルのカラーチャートを持ち込んで特注オーダーをする機会がありますが、当初の色味と若干イメージが異なってしまうことが多分にあります。高中氏のモデルに関しては、シビアにとことん拘られていて何度もプロトタイプが日米を往復していたそうです。

 こちらのモデルは、マスタービルトシリーズですので、カスタムショップの中で更に厳選された最良の材料が使用されております。製作にあたったデニスは、1999年に同じバンドでプレイしていた元マスタービルダーのフレッド・スチュワート氏の推薦でカスタムショップの一員となったヴェテランで、元々家具職人として木工技術を学んでいた経歴を持っています。アンディ・サマーズやエリック・ジョンソン、シェリル・クロウ、バディ・ホリーといった世界トップクラスのミュージシャンのギターを製作するプロジェクトで高い評価を得ていることが知られています。

 本器は肉厚なネックシェイプで、シュパーゼルタイプのロックペグ、LSRローラーナットを採用したジェフ・ベックモデルを彷彿させる万能スペック。ピックアップセレクターは、ネック、ネック/ミドル、ネック/ブリッジ、ミドル/ブリッジ、ブリッジと切り替わる特殊な配線なのですが、ボリュームノブのS-1スイッチによるコイルタップの他に、ミニスイッチの操作でフロントマイクの「常時オン」ができるようになっております。ピュアに澄み切ったストラトサウンドだけでなく、まるでテレキャスターのようにスパンキーでアグレッシブな音色も楽しめるオススメの一本です。

 さぁ、ギターヘブンの扉をノッキンオン!!

 今月上旬に開催されたフェンダーミーティングでの買付けレポートです。フェンダリアン必携のイチオシアイテムをご覧下さい。http://www.ishibashi.co.jp/sale-event/10834





<お問い合わせ>


石橋楽器 渋谷店
TEL 03-3770-1484
shibuya@ishibashi.co.jp

<スターキー星:プロフィール>
 プロフェッサー岸本の愛弟子であるデューク工藤に師事、池袋店~御茶ノ水本店を経て、現在は渋谷店にてサブマネージャー(副店長)を務めている。日本国内最高レベルのノウハウを持ったスタッフとしてフェンダーのプロダクトスペシャリストに認定されている他、ギブソン・ファクトリーも定期的に訪問して選定買付け等を行っている。彼自身のフェイバリットミュージックはブルースやブルースロックが中心で主に60~70年代ロックを愛聴。
 皆様がますます充実したミュージックライフを送れるよう、アップトゥデイトな情報のご案内、そして一生愛用できるギター捜しを親切丁寧にお手伝いたします。