セルマーマカフェリギターとは…

 あの伝説的ギタリストジャンゴ・ラインハルトが1930年代に始めたジプシーの伝統音楽とスウィング・ジャズを融合させた音楽をジプシー・ジャズと呼び、フランスに大きな由来があることからジャズ・マヌーシュまたはマヌーシュ・ジャズ(Jazz manouche, Manouche jazz)、ジプシースウィングとも呼ばれる。 哀愁のある美しい響きと、独特のリズム、サウンドは世界でも高い人気を誇り、日本でもコアなファンをはじめ多くの音楽ファンを魅了しているそのジプシースウィングを演奏する際に用いられるのがセルマーマカフェリギター!

 セルマーマカフェリギターとは、アンリ・セルマー(1858-1941)が創り上げたセルマー社において1932年から1952年の20年間に、製作された大変貴重で歴史的価値の高いギターでございます。
このセルマーギターがヨーロッパ中に戦火が広がった1940年頃にジャンゴ・ラインハルトと運命的な邂逅を果たしジャンゴと共にジプシー・ジャズを創り上げたとされる。

 しかしこの伝説的なオリジナルセルマーはわずか1,000本あまりしか製造されず現代ではかなりの希少価値があり、高額で取引されている。特徴的なサウンドホール、ブリッジなどの様々なデザインを踏襲し、セルマーマカフェリギターならではの独特なサウンドを再現した、ジプシー・スウィングの必須アイテム!!ジプシースウィングがしたい方に是非手に触れて頂きたいギターでございます!!

Dupontとは…

世界中にある現代のセルマー、マカフェリギターレプリカの中では間違いなく世界トップクラスブランド「DUPONT」(デュポン)
モーリスデュポンは81年から極上ブランデーの聖地として名高いフランスコニャック地方でギター工房を開き、セルマー、マカフェリのレプリカ製作家として非凡な才能を持っていた為ジプシージャズギタリストのプロ、アマを問わず非常に高い評価を得ているブランドでございます。 ジャンゴラインハルトの再来といわれたビレリラグレーンや最強の現代ジプシーギタリストといわれるモレロがDUPONTを愛用していることもあり、世界中のジプシースウィングファンから高い評価を得ています。 過去のモーリス・デュポンインタヴューでは、「オリジナルのセルマーは、改良の余地がないほど完成されたギターだと思う。」と回答しており、オリジナルセルマーに対しての深い敬意と尊敬を抱き、少数精鋭により、完成度の高いセルマーマカフェリレプリカを製作し世界中のファンを魅了しています。

DUPONTの合板とは…

オリジナルセルマーマカフェリが合板を使用していたこともあり、DUPONTの上位機種にも合板が用いられることがある。
しかしDUPONT社では合板自体を業者から仕入れるのではなく、自社内で1枚の合板を作るのに職人が一からハケで接着剤を塗って3枚の板を張り合わせるという大変手間のかかる作業をしている。 基本は表面にローズウッドかメイプルを使い、中にアフリカンマホガニーを2枚木目を90度ずらして貼る。 これにより単版にはないジプシージャズに聴かれる独特のサウンドが生み出されるとのこと。 ※勿論単版仕様のモデルも存在します。

モデル名に付けられるVR【Vieille Reserve】の意味とは…
コニャックに付けられる「古く最上」という意味
40年寝かせたヨーロピアンスプルースと非常に貴重な高級材「インディアンローズ」を使用したデュポンの中でも最上位機種に位置づけられる特別なモデルです。

ジプシースウィングピックについて

マヌーシュジャズ(ジプシージャズ)のギタリストはとても分厚いピックを使う人が多く、真偽は不明ですが当時は小石(?)で演奏する方もいたとか…
アコースティックでなるべく音量の大きな音を出すため、必然的に太い分厚いピックを使用することが多い。通常のエレキやアコギ等で用いられるピックを使うといまいち雰囲気がでないな…という方は是非一度お試しを!
あまり通常の楽器店では取り扱いがない特殊なピックを使っております。当店ではオランダ製ハンドメイドピック Wegen Picks や JIM DUNLOP を取り扱っております。

弦について

①Savarez Argentine(サバレスアルゼンチーヌ)
マカフェリ用の弦の中ではもっとも古い歴史と伝統をを持つ弦。コッパーワウンド素材でかつてはあのジャンゴラインハルトも使っていたと言われ、ジプシースウィングギタリスト必須の弦。1610シリーズはボールエンド弦、1510シリーズはループエンド弦。是非お試しを!

②gallistrings / Gypsy Jazz GSB11be Ball End
1890年にイタリアで創業された老舗弦メーカー、ガリストリングスのアコースティックギター弦。D'Addario,LaBellaをはじめとしたイタリア系弦メーカーの中でも歴史は古く、100年以上に渡り良質な弦を作りつづけています。こちらは六角芯使用のジャンゴサウンドです!
ボールエンド弦タイプとループエンド弦タイプがございます。
Acoustic Guitar Strings - ボールエンド
.011 .014 .023 .030 .039 .047

ピックアップについて

①Stimerピックアップ
ジャンゴ・ラインハルトの使用であまりにも有名なStimerピックアップ。ジプシーギターのセルマー・マカフェリ用で音質は流石の一言!ナチュラルで迫力あるサウンドをアンプから出力します。

②Bigtone
マカフェリ用のピエゾピックアップの超番アイテム。 ハウリングに強く芯のしっかりしたサウンドです。

③audio-technica Pro70
取り付けが簡単でお手軽なお値段の為、かなり人気の機種。その場の空気感も集音し、ライブ感溢れるサウンドになります。

DUPONT心斎橋店在庫

Dupont / DUPONT VR Vieille Reserve 《s/n:164》

販売価格:970,000円(税込)  詳細・購入はこちら

Dupont / HOT CLUB《s/n:#007》

販売価格:940,000円(税込)  詳細・購入はこちら

Dupont / MD50B《s/n:15202》

販売価格:630,000円(税込)  詳細・購入はこちら

Dupont / MD50《s/n:15203》

販売価格:550,000円(税込)  詳細・購入はこちら

Dupont / NOMADE【次回入荷分ご予約受付中!】

販売価格:240,000円(税込)  詳細・ご予約はこちら

ジャズギター担当スタッフ紹介

イシバシ楽器 心斎橋店ジャズギター担当:石間(イシマ) プロフィール

心斎橋店2Fアコースティックギターフロア、ジャズギター担当。大阪府出身。アン・ミュージックスクール京都 ジャズギター科卒、在学中は関西でも屈指のジャズギタリスト、清野拓巳氏、岡本博文氏、の両氏に師事しジャズギターの基礎を一から学ぶ。自身もジャンゴラインハルト、ジプシースウィングジャズの大ファンでDUPONTのNOMADEを愛用。某ギタースクールで講師経験有り、ジャズギターをはじめ、アコースティックギター、ウクレレ等も「分かりやすく丁寧に」を第一に丁寧な接客を心がけております。是非関西ジャズシーンがもっと活性化する様に尽力したいと思います。
一般社団法人 日本販売士協会認定 販売士一級資格保持