N4E PNM Nuno Bettencourt Signature Series

パドゥークは非常に硬く、比重も重く、赤みがかった独特の色合いが特徴的な材で、一般的にはギターというよりベースに用いられることの方が多い。そんな同材を使って作られた[N4]が誕生したのが1993年頃で、以後ライブやレコーディングで愛用するようになり、ヌーノのトレードマーク的なモデルとして、ファンの間で親しまれている。パドゥーク材は加工の際に出る粉塵が身体に害を及ぼすという理由で、一時[N4 Padauk]はアッシュなど他材を赤く着色して作られていた時期もあったが、現在製造されている[N4 EPNM]は正真正銘のパドゥークがボディに用いられている。この他、「ステファン・エクステンデッド・カッタウェイ」、「バズ・フェイトン・チューニング・システム」、セイモア・ダンカン['59](フロント)/ビル・ローレンス[L-500](リア)のピックアップ、「フロイド・ローズ・オリジナル・トレモロ」など、本人が使っている仕様がそのまま再現されている。

Color:Natural Matte
Body:Padauk
Neck:Padauk
Fingerboad:Ebony
Neck Joint:Stephen's Extended Cutaway
Bridge:Floyd Rose
PU:Seymour Duncan '59 SH-1 (Front) , Bill Lawrence L-500 (Rear)
Scale:25.5inch (647.7mm)
Buzz Feiten:Yes
Case:Hard Case


上のサムネイル画像をクリックすると左の画像が入れ替わります。

  • NM
    NM
カラー:NMイシバシ楽器で購入する
N4E PNM