N4E ANM Nuno Bettencourt Signature Series

ヌーノ・ベッテンコートのギターで最も特徴的なスペックがステファン・デイヴィスが考案した「ステファン・エクステンデッド・カッタウェイ」であろう。ハイ・ポジションでの演奏を快適にすべく、ネック・ヒールを完全に取り除くという大胆な試みをしたわけだが、ミソは接合部を半月型にしたことで、このデザインによりボディとネックの密着性が高まり、強度面が上がったのはもちろん、トーンも良くなるという複合効果も生まれた。ステファン・デイヴィスとワッシュバーンの付き合いは1987年から始まっており、「ステファン・エクステンデッド・カッタウェイ」を採用した最初のアーティスト・シグネイチャー・モデルが1990年にリリースされた[N4]だったという。その記念すべきヌーノの最初のシグネイチャー・モデル[N4]は、アルダー単板ボディに、メイプル・ネック、エボニー指板という木材が使用され、この[N4 EANM]がまさにこのスペックに則って作られたレギュラー・モデルとなる。フロントにセイモア・ダンカン製の['59]、リアにビル・ローレンス製[L-500]というピックアップの組み合わせも、長年ヌーノが好んでいたセッティングと同じだ。

Color:Natural Matte
Body:Solid Alder
Neck:Maple
Fingerboad:Ebony
Neck Joint:Stephen's Extended Cutaway
Bridge:Floyd Rose 1000 Series Original
PU:Seymour Duncan '59 SH-1 (Front) , Bill Lawrence L-500 (Rear)
Scale:25.5inch (647.7mm)
Buzz Feiten:Yes
Case:Hard Case


上のサムネイル画像をクリックすると左の画像が入れ替わります。

  • NM
    NM
カラー:NMイシバシ楽器で購入する
N4E ANM