Topics

お客様各位

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
株式会社石橋楽器店は2008年9月より正式に【WASHBURN】ブランドの輸入販売元業務を行う事になりました。
125年の歴史をもつWASHBURNの魅力ある製品を日本国内へ導入して参りますので、どうぞご期待下さい。
今後ともご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2008年10月
株式会社石橋楽器店

Washburnについて

いつの時代も音楽の中心にあり続ける事・・・それがWashburn

Washburn Guitarsは、1883年にシカゴで誕生し現在に至るまで約130年もの長い歴史があります。最初のギター工場は、マックスウェル通りからわずか数ブロック離れた所に建てられていました。Washburnはマックスウェルから始まり、デルタブルースが盛んだったこの地域で一緒に育ち、現在でも数多くのアーティストに愛されている数少ないギターブランドになりました。

その中でも大きなターニングポイントである90年代の出来事があります・・・

Washburnは、グローバー・ジャクソン氏など有名なビルダーとシカゴ工場で数々のギターを製造してきた歴史があります。

当時からコンピュータ管理された精密な加工と、経験豊かなビルダー(多くはヘイマー工場出身者)の高いレベルで製造されていました。91年、Washburnはシカゴ北部に工場を移転し、今なお人気のMercury シリーズから70年代後半に製造されていたWashburnオリジナルモデルのリイシューなど、沢山のモデルを生産していました。ジャクソン氏が93年3月にWashburnシカゴ工場へ来てからは様々な改革がありました。彼がギター生産する為にはこのシカゴ工場は不可欠であり、後々の彼のビルダー人生を大きく変える事になりました。93年の7月まではN4のみ製造されていましたが、のちにカスタム・ギターも作られ、現在でもカスタムショップとしてクオリティの高いモデルを生産しております。

Washburnを語る上で外せない『N4 Nuno Bettencourtモデル』はStephen"s Extended Cutawayというまったく新しいジョイント方式を採用するなど、今までに無い仕様をもっています。Stephen"s CutawayはLS93 (ストラトタイプ)にも採用されていましたが、現在ではヌーノモデルのN61以降に使用されており、現在でも他のギターでは味わうことの出来ない素晴らしい弾き心地を堪能することが出来ます。その他のシグネチャー・モデルとしてはスティーヴ・スティーヴンスモデルや、ダイムバック・ダレルモデルなども生産されていました。

現在はヌーノを始め、ポール・スタンレイ、スコットイアンや、多くのビックミュージシャンのモデルがあります。一流ミュージシャン達が数多く使用する事からも解るように、エレキ、アコースティック問わずアメリカを代表するギターブランドとして世界中で愛され、これからも数多くプレイヤーと共に音楽を築き上げていくでしょう

Washburnはいつの時代も音楽の中心にあり続けました。そしてこれからも音楽の中心にあり続けます。