楽器の品揃え日本最大級!ギター、管楽器、ドラムなど新品、中古楽器、欲しい楽器がお得に見つかる!

KLON / CENTAUR を比べてみよう!!

11/16 (木)[新宿店]

KLON / CENTAURもちろん当店でお試しできます!!

いつもイシバシ楽器のご利用誠にありがとうございます。
新宿店サブマネージャーの在原です。

さて以前『GuitarQuest』ブログで紹介するといって紹介せずに終わってしまったペダルを本日は紹介したいと思います。ちなみにGuitarQuest内でも様々なエフェクトペダルの紹介をしていますのでぜひそちらもご覧くださいませ。
GuitarQuest エフェクトブログはこちらからどうぞ

それでは本日、紹介するペダルはこちら!!
438190 B
KLON / CENTAUR でございます。ちょうどLong Tail / Short Tail / No Picture が揃いましたのでサウンドを比較してみましょう!!

とその前にKLON / CENTAUR についてです。皆さんご存知の方も多いかと思いますが1994年に発売されたKLON / CENTAURはBill Finnegan 氏(彼の友人も関わっています)が開発しました。自分の求めるサウンドを追求した結果、生まれたCENTAURは瞬く間に人気のペダルとなっていきます。発売当初の定価は239ドル、最終的には定価が329ドルだったことを考えると当時手に入れたかったと思う方も多いのではないでしょうか?

当時から筐体、POT、裏パネル、ノブなどCENTAURの為に作られたパーツを使用し、すべて手作業で作られたこのペダルは非常にコストがかかったことが想像できます。KLON / CENTAURが生産終了するまでに8000台近く作られたと言われています。逆に考えると世界に約8000台しかないということです。もちろん現存している個体はそれ以下となりますので貴重なペダルなのがお分かり頂けるかと思います。

さてそんなKLON / CENTAURは、年々高騰し続けています。現在ではNo Pictureで10万円台、Tail バージョンで20万円台というところでしょうか。値段相応かと聞かれると正直、難しいところではございますがこのKLON / CENTAURでしか出せないサウンドを確かにございます。どんな類似ペダルでも決して真似できないサウンドです。

それでは比較していきましょう。
113675 B101585 B97849 B
左から1994年製CENTAUR Long Tail・1999年製CENTAUR Short Tail・2003年製CENTAUR No Picture となっています。シリアルは左から1XX、2281、3219となっています。
意外と筐体の色が違うこと、CENTAURの絵の大きさが違うなど若干ですが違いが見て取れます。では内部へ!!
149326 B150862 B137565 B
こちらも左から1994年製・1999年製・2003年製となっています。
見て気づくとこが分かった方はマニアックな方です。

1994年製とその他モデルは若干ですがパーツの位置、Carling社フットスイッチの取回しが違うことが分かります。1995年に一度だけ回路を変更(抵抗の追加、定数変更、アースの取回しと言われています)していることから、この違いがLong Tailモデルとその他のモデルでサウンドが違うと言われる所以かもしれませんね。詳しくはお問い合わせ下さい。

では、サウンドにいきます。最初に言っておきますが個体差があると言われるKLON / CENTAURですので今回のインプレが必ずしも正しいわけではありませんのでご了承を。

1994年製CENTAUR Long Tailは、今回比べたモデルとやはり別物とも感じられるくらいサウンドが違います。比較的ローゲインで音のまとまりがあります。他のモデルに比べ音圧感は少なく、良い意味でも悪い意味でも若干もっさりしています。低音域が強調される印象でしょうか、歪として使うのではなくゲインを0にしてバッファーやブースターとして使うのがあっているかもしれません。

1999年製CENTAUR Short Tailは、今回比べた個体の中で一番元気があり、音圧感がありました。ミッドが良く出る印象で抜け感は抜群です。レスポンスの速さ、若干ゲイン高めの個体です。No Picture とはサウンド大差がないと言われることもございますがこの個体に関しては違いを感じられるかと思います。

2003年製CENTAUR No Picture 、今回一番新しい個体ですがこちらも若干ゲインが高いように感じられます。ただしShort Tailに比べハイ落ちがします。良い意味では暖かみのあるサウンドといいますか枯れたサウンドが特徴です。暖かみがあっても抜け感は失われないので非常に使いやすいペダルではないでしょうか。

いかがだったでしょうか?

先にもあげた通りKLON / CENTAURは、年々高騰し続けています。ヴィンテージペダル同様どのペダルが優れているのかではなく、ご自身のサウンドにマッチするかどうかのペダルです。Long Tailだからサウンドが良い訳ではありません。

残念ながら1994年製CENTAUR Long Tailはお試しできませんが、1999年製・2003年製は当店にてストックしております。可能であればご自身が使用している楽器、機材をお持ちいただき試して頂くのがベストかと思います。

新宿店2F、PedalHolic(エフェクター専門フロア)では、各部門に精通した専門スタッフがおりますのでぜひお気軽にお問い合わせ下さいませ。

全店KLON / CENTAURの在庫はこちらからどうぞ


※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

新宿店のブログ こちらもお読みください

Vintage BOSS Pedal フェア 開催中!!
21日前
Earth Quaker Devices全機種入荷しました!
24日前
Vintage Boss Pedal Show 開催!!特にOD-1を試すには今しかありません!!
28日前
懐かしの光線銃がエフェクターに!?Fuzzy Navel Lab入荷です!
30日前
1970年代製PH-1と40TH ANNIVERSARY BOX PH-1を比べてみよう!!
1ヶ月以上

こちらの記事もあわせて読まれています(ベータ版)

Vintage Boss Pedal Show 開催!!特にOD-1を試すには今しかありません!![新宿店]
28日前
懐かしの光線銃がエフェクターに!?Fuzzy Navel Lab入荷です![新宿店]
30日前
今更聞けない!?ハイエンドマルチプロセッサー[渋谷店]
1ヶ月以上
現地フェンダーファクトリーよりお届け3‼現地選定品発表‼【ブクログ♯7】[池袋店]
1ヶ月以上
HEADRUSH / PEDALBOARD解説!#2.[新宿店]
1ヶ月以上

新宿店 店舗情報

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-3-2 地下鉄会館ビル

03-3350-1484

メールフォームはこちら

営業時間

AM11:30-PM8:30

店頭写真
地図

アクセス方法

●JR・東京メトロ 新宿駅より徒歩5分
東京メトロ 丸の内線、副都心線、都営新宿線 新宿3丁目駅 C4出口 より徒歩0分

駐車場

●専用駐車場:なし
●近隣のコインパーキング(有料)使用可

新宿店 新着情報

新宿店 ブログ