楽器の品揃え日本最大級!ギター、管楽器、ドラムなど新品、中古楽器、欲しい楽器がお得に見つかる!

御茶ノ水ドラム館 たまにはコラム

5/20 (土)[御茶ノ水ドラム館]

ドラムセットの歴史

こんにちは御茶ノ水ドラム館です。

先程、休憩中にニュース記事で某新聞社が『ドラムブームが起きている』なんて書き出しの記事を見かけましたが...これは嬉しい限りですね。

お越し下さるお客様も、バンドマンの方だけではなく、小さなお子様を連れた家族連れだったり、サラリーマンの方だったり、お仕事を引退された方だったり...様々な層の方にお越し頂いております。


そこでそこで、たまには商品情報ではなくコラム的な記事を書いてみようと思います。


今回のテーマ♪

〜そもそもドラムセットっていつどうやってできたの!?〜


この手の話は諸説ありますが、もともと一つ一つの太鼓個体(ドラム)を大勢で演奏してたのです。

そんな中、アメリカで複数の太鼓を一人で演奏するアイディアが考案されました。
何人かそんな人が現れたそうです。この時点で足を使って演奏する人はいなかったそうです。(1860年代)

それを小太鼓は手で、大太鼓は足で踏み鳴らすという人物が登場します。ディー・ディー・チャンドラーさんです。どうも木製のキックペダルだったそうですが、これ大革命ですね!(1890年代)

更に時代は流れ、ニューオリンズでジャズドラマーのベイビー・ドッズさんが、ハイハットシンバルを生み出します。これはベイビー・ドッズさんの演奏を観た観客が、彼の左足が規則的に動いてるのを見て、彼に「左足を演奏に何かいかせないか?」と話しかけたことがきっかけとなってるようです。これも大革命です!(1920年代)

ここで現在のドラムセットの原型が完成したと言われてます。



さて、そんなドラムセットですが、レイアウトも人それぞれ!
演奏ニーズによって様々なスタイルのレイアウトが生まれました。

いろんなサイズ構成があり、時代やジャンル(一概には言えませんが)でも趣向が異なります。

また、ドラムセットに組み込む物も多種多様。
タンバリンやカウベルは勿論、電子ドラムのパッドなども80年代あたりから登場して今は当たり前となってますね!



打楽器は数多く存在する楽器の中でも、最も原始的で、人類が声の次に演奏に活用した物という説もあります。(きっと石や木で)

そう思うと老若男女問わず、打楽器に惹きつけられることは自然な事というか、きっかけがあれば誰でもそんな瞬間が訪れるのかもしれません。

「4本の手足をバラバラに動かす」って聞くと、未経験の方は躊躇される方も少なくないですが、実際は決まり事ではないので、自由な発想でドラム(セット)を楽しんで頂きたいですね!



叩いて音が出るだけでも、少なからず感動を覚えますよ♪



最後に超激レアなスネアドラムを紹介して、この記事を締めたいと思います。

【中古】Ludwig / Vintage 1912-1913 Brass Snare 14×5 ラディック スネアドラム

10571 B


販売価格 89,800円 (税込)



LUDWIG創業当初に製作された、初めてのブラススネアです!!
是非、『ドラムの歴史』を手に取ってみてください♪

それでは長文お付き合いありがとうございましたー!


※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

御茶ノ水ドラム館のブログ こちらもお読みください

°。*.☆シンバルフロアリニューアル☆.*。°
1ヶ月以上
御茶ノ水店舗限定企画も残すところあと2日間!!
1ヶ月以上
中古激得ドラムセット 第4弾!!!
1ヶ月以上
スネアは見た目が100パーセント!?【動画あり】
1ヶ月以上
【店頭展示処分チョイキズ特価!!】SONOR ソナー/ Vintage Series 18BD 3点セット
1ヶ月以上

御茶ノ水本店SOUTH 店舗情報

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台1-8

03-3292-1484

メールフォームはこちら

営業時間

平日・土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:30〜19:00

店頭写真
地図

アクセス方法

●JR御茶ノ水駅より徒歩1分
●東京メトロ丸の内線 御茶ノ水駅、千代田線 新御茶ノ水駅徒歩2分

駐車場

●なし
最寄のパーキングをご利用下さい。

御茶ノ水ドラム館 新着情報

御茶ノ水ドラム館 ブログ