楽器の品揃え日本最大級!ギター、管楽器、ドラムなど新品、中古楽器、欲しい楽器がお得に見つかる!

Fender Mexico/Flea Jazz Bassと Road Worn '60s Jazz Bassの違いついて

2017/4/20 (木)[新宿店]

同価格のRoad Worn 2機種についてご紹介いたします。

いつもご利用ありがとうございます。

新宿店 1階ギターフロア担当 遠藤と申します。

今回は当店にあるRoad worn '60s Jazz Bass Rosewood Fingerboard Fiesta RedRoad worn Flea Jazz Bass」の違いについてご紹介いたします。

97852 B

茲Flea Jazz Bass  蕕Road worn  '60s Jazz Bass

どちらもRoadwornシリーズということで、新品でありながら長年使い古されたような見た目となっており、ヴィンテージ感を演出する造りとなっております。

この2機種ですが、同じ60年代のジャズベースを踏襲しておりますが、仕様が異なる部分がいくつかございますので見てみましょう。

まず、ぱっと観てすぐにお分かりになられるのが、コントロールノブの仕様の違いですね。

62500 B


56699 B


「Flea Jazz Bass」はスタックノブ仕様になっているのに対して、「'60s Jazz Bass 」は3コントロールノブ仕様となっております。
後者の仕様のほうが馴染みのある方も多いと思います。

スタックノブは60年〜62年初期までのジャズベースに使用されていました。
コントロールはリアとフロントのボリュームにリアとフロントのトーンとなっております。

Flea Jazz Bassは2つのトーンのコンデンサーの種類が違っており、トーンの可変域が異なっているのが特徴です。より音色の幅が広がります。

Road worn  '60s Jazz Bass は2ボリューム1トーンの仕様となっており、62年以降のジャズベースと同じになっております。

他に違う部分では コンター加工の深さが違っております。
コンター加工がFlea Jazz Bassのやや深めになっているのが特徴です。
↓の画像からもご確認いただけます。

48554 B


54322 B


また、細かいところですが、Road worn '60s Jazz Bassにはブリッジカバーのネジ穴のあとがあります。

44696 B


※ブリッジカバーは付属してません。

この2機種ですが新宿店にてお試し頂けますので気になる方は是非ご来店ください。

商品ページは下記をクリックして下さい。

Fender Mexico/Road Wornベース





※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

新宿店のブログ こちらもお読みください

新宿店限定!!ピックガード交換キャンペーン実施中!!
1ヶ月以上
Fender Jaco Pastorius Tribute Fretless Jazz Bass
1ヶ月以上
エントリーモデルながらハイクオリティなベースYAMAHA BB424をご紹介!
1ヶ月以上
Fender USA American Standard Jazz Bassのご紹介。
1ヶ月以上
Fender MEXICO Red Hot Chili Peppers Fleaモデルのご紹介。
1ヶ月以上

新宿店 店舗情報

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-3-2 地下鉄会館ビル

03-3350-1484

メールフォームはこちら

営業時間

AM11:30-PM8:30

店頭写真
地図

アクセス方法

●JR・東京メトロ 新宿駅より徒歩5分
東京メトロ 丸の内線、副都心線、都営新宿線 新宿3丁目駅 C4出口 より徒歩0分

駐車場

●専用駐車場:なし
●近隣のコインパーキング(有料)使用可

新宿店 新着情報

新宿店 ブログ