Atelier Z

ベーシスト、故・青木智仁氏とのコラボレーションで開発されたM#245、M#265を源流として、その時代時代に合わせたアップデートを重ね、音に対するあらゆる工夫を凝らした楽器を送り出すアトリエZ。

オリジナルオーダーモデルをはじめ、イシバシ楽器取扱いのアトリエZ製品を一挙ご紹介致します。

イシバシ・オリジナルオーダーモデル Baby Z

通常は30インチ:ショートスケールのBaby Zですが、コンパクトな取り回しの良さはそのまま、32インチにスケールアップし、適度なテンション感を実現しました。ムスタングタイプ・ベースの弱点であった非力さは心配ありません。KTS社のTitanium Neck Reinforcement Barで、ネック強度はもちろんサウンド面でも大幅にパワーアップ、アトリエZオリジナルPU&プリアンプとの組み合わせにより見事にクリアし、ロングスケール・ベースからの持ち替えもスムーズに対応できます。

32インチスケール・イシバシオリジナル仕様モデル

30インチスケール・限定カラーモデル

カスタム・フィニッシュ M#265

通常はナチュラル・カラーのM#265ですが、限定カラー仕上げ、ブラック・ハードウェアを採用した、カスタム仕様のM#265です。マットブラックカラーのモデルでは、このルックスを活かすため敢えてピックガード、コントロールパネル、ピックアップフェンスを装着しておりませんが、無償にて取付けることも可能です。鮮やかなトランスペアレント・ピンクカラーのモデルも、ブラックのハードウェアが表情を引き締めます。

イシバシ楽器の Atelier Z ラインナップ

オリジナルJBボディの抜群のプレイヤビリティを備えたロングセラー・モデル、Mシリーズをはじめ、24FモデルのBeta、Mシリーズのアップグレード版である最新シリーズのEvolutionもラインナップ。

Atelier Z「basic」研修会レポート

Back to top