ギターのケア

お買い上げのコール・クラーク・ギターのケアについて

保証期間

保証期間は1年間となります。万が一製品に問題が生じた場合、まずはご購入された店舗へご連絡下さい。コール・クラーク・ギターを新品でご購入されたお客様に限り保証の対象となります。

保証の対象となるのは、製造上の問題に起因する欠陥に限ります。ギターのお取り扱いに誤りがあり、問題が生じた場合は保証の対象とはなりません。規定の湿度と温度の範囲内でのご使用をお勧め致します。なお、ギター弦は保証の対象となりません。長い間ギターを弾かない場合は弦を緩めておくことにご留意下さい。摂氏50度以上、又は、氷点下以下の温度になる環境で、ギターを保管しないで下さい。

温度と湿度

コール・クラーク・ギターは全て単板で作られています。全てのギターは湿度の高い時は木が膨らみ、湿度が低くなり乾燥するとクラック(割れ)が起きることがあり得ます。全ての単板製のギターは素材の特性上、この様なことが起きやすいとされています。また、ギターが気温の高い環境にあると、接着剤が緩むことがあります。製造メーカーとしては、コール・クラーク・ギターを42%から50%の湿度、温度を摂氏13度から28度の範囲以内に保管されることを推奨します。温度と湿度の急激な上下変化はクラック(割れ)や膨張の原因となります。コール・クラーク・ギターの保管の為に、多くのケア製品(除湿/保湿/保温等)が販売されていますのでご活用下さい。ギターを弾かない時は、ケースに入れて保管されることをお勧めします。

ブリッジスクリュー

ピエゾピックアップシステムのテンション維持=サドルの高さを調整するものではありません。

ブリッジサドルの横にあるネジはブリッジサドル下に搭載されているピエゾピックアップシステムのテンションを維持しています。これはサドルの高さを調整するものではありませんので、決して、調整をしないで下さい。この修理は保証の対象外で高い費用がかかります。

クリーニング

弦交換の際に指板をレモンオイルで磨くことをお勧めします。指板の乾き過ぎを防ぎます。それ以外の部分は暖かい湯でギター全体を拭いて、乾いた布で綺麗にふき取ることをお勧めします。一般的に多くのギターや家具はニトロセルロース(ラッカー)塗装が好んで用いられています。コール・クラーク・ギターのサテンフィニッシュ(つや消し)は、塗装が薄いので、特に強く磨いたりすると不自然なつやや光沢が生まれてしまいます。コール・クラーク・ギターには、家具用の磨き剤は使用出来ません。標準フィニッシュはサテン(つや消し)のニトロセルロース(ラッカー)塗装です。ギターが時を経ると多少黄色に変化し、使用頻度により光沢感が出てきます。

弦を張る時は、ブリッジピンを軽く押してブリッジピンの反対にボールエンドを上げて下さい。そこで、ブリッジピンを親指で押します。叩いたりブリッジピンをハンマーで当てたりすると、ブリッジが割れてしまいます。

コール・クラーク・ギターに張れるもっとも硬い弦は13から56ゲージのセットです。

ギタースタンド

ギタースタンドとハンガーの塗装やゴム部分は、ニトロセルロース(ラッカー)塗装に反応します。この点をお買い上げの際にご注意下さい。

コール・クラーク・ギターのセットアップ(調整)

全てのギターは一定の期間でセットアップや調整を受けることが必要です。どの位の頻度で弾き使うかによって、セットアップや調整の必要性が変わります。フレットの凹みが顕著に出てきたら調整が必要です。総単板で作られているコール・クラーク・ギターは季節毎に材が動くので、少なくとも、一年に一回の調整セットアップをお勧めします。それで、アクションや弦の高さを適正値にセットアップして、弾き易さを維持出来ます。