音質と表現力に全てを捧げて作り上げられた最高峰のトーン

GT-1000 Guitar Effects Processorは、音質と表現力を極限まで追求し、最先端のDSPテクノロジーと長年のエフェクト/アンプ開発で培ってきたBOSSの知識と経験を、徹底的に無駄を排除したスリムな筐体に結集させた、次世代のフロア型ギター・アンプ/エフェクト・ユニットです。

今まで「本物」ではないからという理由でマルチ・エフェクターを敬遠してきた人にこそ体感していただきたい、「本物」の音がここにあります。

GT-1000の特長をイシバシ・スタッフがご紹介します

久保 晃一

久保 晃一/新宿店

新宿店4Fハイエンドフロア担当。エフェクター担当を数年勤め、現在はハイエンドギター、アンプ、エフェクター担当となる。特にFRACTAL AUDIO SYSTEMS、KEMPERに造詣が深く、ギターではSuhrやJames tyler、Tom Anderson等ハイエンドコンポーネントギターの他、Paul Reed Smithやアンプ等にも精通している。現在はハイエンドフロア担当として、師にも恵まれ日々精進中。皆様の愛機を探すお手伝いを懇切丁寧にさせて頂きます、是非一度ご来店下さいませ。

落合 亮介

落合 亮介/御茶ノ水本店

幼年期からオルガン、ピアノを習い、高校時代以降にはキーボード、エレキギターの二刀流を軸に仲間を探し、自己中心にバンドを結成。手癖は「6弦を緩める」こと。口癖は「弦が足りない」。座右の銘は「ピッキングでなんとかしましょう」。イシバシに入社後もギター、デジタル楽器、DTMなど広範な知識を活かしてウェブライティングを担当。好きなジャンルはオルタナティブロック。

浅野 志織

浅野 志織/新宿店

数年の店頭でのエフェクター販売経験を経て、現在は新宿店WEB担当。自身はベーシストとして日々理想のエフェクターを探す毎日。好んで聴く音楽は邦楽ロックとVOCALOID系を少々。現在は店頭で直接接客する機会が少ない立場ですが、「欲しいものが見つかるお店」と「新しいものの情報をいち早くお届けするお店」を目指して、皆様にご満足いただけるオンラインショップ作りに日々尽力しております。

アンプ・プロセッシングに革命を起こす最先端技術AIRD

真空管を使用したギターアンプは、特長である音の温かみや抜けの良さ、音量を上げたときに得られる音の艶や音圧感などによって多くのギタリストに愛用されています。ローランド/ボスでは、ギターからの入力信号に応じて反応する真空管回路と電気回路の動作や、パワーアンプ、スピーカー、パワーサプライなどの相互作用をはじめとして、真空管アンプを構成する各要素を詳細に解析。そこで得た技術やノウハウをもとにし、理想のアンプを設計する独自のコンセプト「Tube Logic」によって作り上げたギターアンプ「Blues Cube」「WAZA AMP」は、その音質とレスポンスの良さで高い評価を得ています。

GT-1000のアンプ・セクションは、「Tube Logic」をベースにして生まれた新技術「AIRD」によって設計。真空管をはじめとするギターアンプ内部の回路動作、スピーカーやキャビネットの周波数特性、さらには、それらがアンプの内部回路に及ぼす電気的な影響に至るまで最新のデジタル・プロセッシングで再現しています。実際のギターアンプでは、スピーカーがアンプ回路の動作に電気的にも影響を与えることにより、音質とレスポンスに変化が生まれますが、「AIRD」ではこのスピーカーとの相互作用までリアルに表現することが可能です。

AIRD

フロア・タイプのギター用プロセッサーで、内部プロセッシングでアンプ・サウンドを得られるモデルは数多く存在しますが、これまでのモデルでは、接続先のギターアンプやスピーカーの特性によって音質とレスポンスに影響を受けるため、その性能をフルに発揮することができませんでした。

GT-1000は、ギターアンプに接続して使用する際に「AIRD OUTPUT SELECT」機能で接続するギターアンプのタイプを選ぶだけで、アンプ全体の挙動を最適に調整。接続する機器を問わず、どんな環境においても理想のアンプ・サウンドで演奏することができます。

アンプ・タイプには、ビンテージ・モデルとして人気の高いモデルや、ボスのノウハウで組み上げたオリジナル・アンプなど16タイプを搭載。特に、音を音域や強さなどの要素に分けて最適に処理する独自技術「MDP(Multi-Dimensional Processing)」で設計されたアンプは、実存するアンプでは得られないレスポンスの良さを実現しています。

久保コメント

AIRDの特長を簡単に言うならば「アンプっぽく聴かせる為のイコライジングの組み合わせ」 から「アンプそのものの動作の再現」に移行した、という所でしょうか。
旧来のアンプモデリングでは極端にいうと、「プリアンプ(+イコライザー)→パワーアンプ→ スピーカー」の各部の動作による音の変化を断片的に組み合わせて順々にそれらしいサウンドに仕立てていく一方通行的なサウンドプロセッシングを行っていましたが、GT-1000ではプリアンプやスピーカーの作動状況によりパワーアンプに流れる電圧量や負荷が変化し、パワーアンプの動作が変わることによる「プリアンプ⇔パワーアンプ⇔スピーカー」の相互作用を内部再現しながらサウンドを出力します。
プリセットの状態でもタッチレスポンスの良さは感じられると思いますが、アンプのエディット項目の「SAG」と「Resonance」を調整していくことで、他機種では調整が難しかった「弾き心地」の面でより自分のプレイにフィットしたセッティングをツメることができます。
手元でのコントロールに対する追従性が従来のモデリングアンプの比ではないので向き合っていて楽しい分、ダメな弾き方をすればそのままダメな音として出力される怖さもありますね。(笑)

フラッグシップの名にふさわしい最高峰のエフェクト群

GT-1000は、フラッグシップの名にふさわしい最高峰のBOSSエフェクトを内蔵しています。

定番のオーバードライブやディストーションをはじめ、スライサーやリングモジュレーターのような積極的な音作りができるエフェクトまで幅広く網羅。ハイエンド機種として評価が高いDD-500 Digital Delay、MD-500 Modulation、RV-500 Reverbから受け継いだ高度なアルゴリズムや、フレーズのダイナミクスや音域にインテリジェントに反応する最先端のMDPエフェクト、AD-10 Acoustic Preampから移植された、エレクトリック・アコースティック・ギター用のAcoustic Resonance機能など、最新のBOSSエフェクト技術を結集しています。

GT-1000

GT-1000のエフェクト・チェイン上では複数のディバイダーとミキサーを自由に配置することが可能で、搭載されたエフェクトとプリアンプを様々なパターンで直列/並列接続して自由な音作りができます。また、モノラル2系統(ステレオ1系統)のエフェクト・ループも搭載しており、内蔵エフェクトと一緒にメモリーすることができるので、こだわりの外部ペダルや外部プリアンプを組み合わせた音作りが可能です。

さらに、強力なDSPエンジンにより、今までにない超高速パッチ切り替えとディレイのキャリーオーバーを実現、シームレスなパフォーマンスを可能にしました。

落合コメント

BOSSエフェクターのすべてが詰まったGT-1000ではDD-500、MD-500、RV-500に収録されている最新アルゴリズムから、「SLOW GEAR」「VIBRATO」「DEFRETTER」など往年のBOSSオリジナルエフェクトまでを網羅しています。
エフェクトルーティングの面ではひとつのパッチ内に最大3つ差し込める「Divider/Mixer」がポイント。
ひとつの信号を二つに分けてそれぞれに別々のエフェクト処理を施した上で混ぜ合わせることができる機能で、基になるトーンの持ち味を生かしながら音作りを進めることができます。
単体エフェクトの設定項目にある「Direct Mix」を使って原音を混ぜていくだけでは求めるサウンドが得られない場合などに、Dividerを使って片方をドライに保ち、片方だけエフェクトを強く掛けたパラレルセッティングを試してみると良い結果が得られると思います。
シンプルな使い方の例としては、クリーントーンを作る際にA/Bラインに振り分け、片方に「Transparent」のアンプモデルと「AC.Guitar Simulator」「AC Resonance」を通したサウンド、もう片方に「JC-120」のアンプモデルと「Chorus」を通したサウンドを設定し、混ぜ合わせることでひと味違う煌びやかさを持ったクリーントーンを作り出すことができます。
ある程度複雑なルーティングを設定してもパッチ切り替え時のラグや音切れなどでまごつくことのない処理能力の高さはさすが最新機種といった感じですね。

自由度が高くわかりやすい操作性、スマートフォンやパソコンと連携も

GT-1000は、操作性にも優れています。本体上の6つのつまみには、歪(ひず)みの度合いや、ディレイ(エコー)の深さなど、調整したい値を自由に設定することが可能。10個のフットスイッチも、音色の切り替えや、特定のエフェクトのオン/オフ切り替えなど、ユーザーの用途に応じた機能をフレキシブルに設定できます。また、各スイッチに対応するLEDインジケーターも、視認性の良い色を選んでカスタマイズすることが可能です。

Bluetooth®でスマートフォン/タブレットと接続し、専用アプリ「BOSS TONE STUDIO」(iOS/Android対応)を使って緻密な音作りをスムーズに行うことが可能。USBケーブルで接続したパソコンでも専用ソフト「BOSS TONE STUDIO」(Windows/Mac対応)を使用できます(2018年5月公開予定)。さらに、『GT-1000』のUSBオーディオ機能を使えば、32bit/96kHzの高音質ギターサウンドでデジタル・レコーディングを行えます。

BOSS TONE STUDIO

専用アプリ/ソフト「BOSS TONE STUDIO」は、ウェブサイト「BOSS TONE CENTRAL」(http://bosstonecentral.com/)から無料でダウンロードできます。同サイトにはさまざまなスタイルの音色も用意され、好みの音色を選んで、GT-1000で演奏を楽しめます。

浅野コメント

操作性の面では、上部のツマミや10個あるフットスイッチの役割をカスタマイズしたり、フットスイッチ上部のLEDの色を変更できるので、GT-1000を自分好みのマシンに仕上げていくことができるのがうれしいですね。
Bluetoothを使ったアプリによるワイヤレスサウンドエディットは大変便利に使えます。本体のディスプレイも大柄なのですが、いかんせん表示されている情報量が多いので、使い慣れるまではどこを見たらいいのか迷ってしまうこともありますから、アプリの分かりやすさは嬉しいところ。
特に単画面式のマルチエフェクターでは項目の階層化は避け難い部分があるので、視覚的に把握しやすいというのは大きなメリットです。
スタジオやライブハウスでの使用時に、聴く位置によるサウンドの微調整がしやすいというのも、より良い音をリスナーに届けたいと思うギタリストにとってはありがたい機能だと思います。

ここがすごい! BOSS GT-1000 スタッフおすすめポイント

久保コメント

久保 晃一/新宿店
AIRDという新しいテクノロジー、BOSSのこだわりが非常に深い所まできたなという印象です。実際他社でここまでシミュレートしている機種はありますが、この価格でBOSSがやる、という所に感動を覚えました。昔から名器と呼ばれるアンプを作っている会社だけあり、その再現度はかなりリアル。大きなPA用スピーカーに接続し、オープンコードを一鳴らしするだけでこのリアルさが分かりますので是非お試しを。
エフェクターもオーソドックスな物はもちろん、BOSSならではのテラエコーやスライサーが入っており、飛び道具的な使い方ももちろん可能。
自宅での練習から宅レコ、リハーサルからライブまで1台でこなせてしまうモンスターマシンです。

落合コメント

落合 亮介/御茶ノ水本店
AIRDテクノロジーを用いたアンプシミュレーション部分は各アンプモデルがPCベースのアンプシミュレータープラグインと比肩する綿密なサウンドとリニアなレスポンスを併せ持ち、もはやチューブアンプそのものと言えるレベルの完成度。MDPを使ったX系の歪みエフェクターやコンプレッサーなどと組み合わせれば、かなり幅広い音作りができそうです。
また、ノイズリダクションの精度も高く、ヴィンテージチューブアンプのトーンとリアクションをノイズレスで扱えるのは大きなメリット。
エフェクター部分は最大5基掛けできるディレイもユニークですが、リバーブが特に良く、リバーブテイルがキレイに残り自然なエンベロープを描いて消えていく、音の解像度が高いGT-1000ならではの美しい響きが楽しめます。
MD、DD、RVの500シリーズをそれぞれ個別に買うのとほぼ同等の予算で手が届くプライスもニクい所。
個人的には「TWEED」アンプモデルにプレートリバーブを薄く掛けただけのシンプルなパッチで、AIRDアンプのサウンドとリバーブの質感を味わってほしいですね。
従来の「アンプの代替機能も入っているマルチエフェクター」から「アンプそのものが入ったマルチエフェクター」へと進化した一台です。

浅野コメント

浅野 志織/新宿店
この機種の注目点は、まずAIRDという新しいテクノロジーです。チューブアンプ全体の相互作用によって生まれる動作を忠実に再現したサウンドは、聴く人を魅了するものがあります。勿論大きい音で聴いてこそ、その真価を発揮するというものですが、優秀な『Output Select』機能によって、様々な出力先で最適なサウンドを得ることができます。
操作面においては、“BOSSらしさ”を随所に感じられ、歴代のBOSSマルチエフェクターのように、GT-1000でも想い描くサウンドを作り出すのに比較的迷うことは少ないかと思います。
またフットスイッチ上部のLEDが好みのカラーを10色から選べる点も個人的には魅力的です。「自分好みにカスタムする」という面で、見た目にもそれが分かり易く表れるのが良いですね。
他社の製品が軒並みカラーディスプレイを採用している中、あえて単一カラーの画面を採用した理由は「ステージ上での強い光の中では、カラーディスプレイだと反射して画面が見えづらくなってしまう」といったことを避ける為だと思います。様々な環境下でも使いやすく、高いパフォーマンスを発揮できるようにしているBOSSのこだわりが感じられます。

GT-1000の先進の機能をブログでもご紹介しています。

BOSS GT-1000 Guitar Effects Processor
試奏するならイシバシ楽器各店舗へ

渋谷店

渋谷店
店舗のページへ

営業時間|AM11:30-PM8:30
住所 〒150-0042 渋谷区宇田川町31-2 渋谷BEAM 2F
電話番号|03-3770-1484
地図を見る

御茶ノ水本店

御茶ノ水本店
店舗のページへ

営業時間|平日・土曜 11:00~20:00
日曜・祝日 10:00~19:00
住所 〒101-0062 千代田区神田駿河台2-2
電話番号|03-3233-1484
地図を見る

新宿店

新宿店
店舗のページへ

営業時間|AM11:30-PM8:30
住所 〒160-0022 新宿区新宿3-3-2 地下鉄会館ビル
電話番号|03-3350-1484
地図を見る

池袋店

池袋店
店舗のページへ

営業時間|AM11:00-PM9:00
住所 〒170-0013 豊島区東池袋1-50-35 P'Parco7F
電話番号|03-3980-1484
地図を見る

横浜店

横浜店
店舗のページへ

営業時間|AM11:30-PM8:30
住所 〒220-0005 横浜市西区南幸2-17-1 相鉄南幸第7ビル 2F,3F
電話番号|045-311-1484
地図を見る

立川店

立川店
店舗のページへ

営業時間|AM11:00-PM9:00
住所 〒190-0012 立川市曙町2-7-17 丸井.井上共同ビル(旧立川モディ)
電話番号|042-528-1484
地図を見る

名古屋栄店

名古屋栄店
店舗のページへ

営業時間|AM11:00-PM8:00
住所 〒460-0008 名古屋市中区栄3-4-5 スカイル9F
電話番号|052-243-1484
地図を見る

心斎橋店

心斎橋店
店舗のページへ

営業時間|AM11:00-PM8:00
住所 〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1-9-13 AH御堂清水町ビル 1F,2F
電話番号|06-6241-1484
地図を見る

梅田店

梅田店
店舗のページへ

営業時間|AM11:00-PM9:00
住所 〒530-0013 大阪市北区茶屋町10番12号NU-chayamachi 5F
電話番号|06-6486-1484
地図を見る

神戸三宮店

神戸三宮店
店舗のページへ

営業時間|AM11:00-PM8:00
住所 〒650-0021 神戸市中央区三宮町1-9-1 センタープラザ3F
電話番号|078-393-1484
地図を見る

福岡パルコ店

福岡パルコ店
店舗のページへ

営業時間|AM10:00-PM8:30
住所 〒810-0001 福岡市中央区天神2丁目11-1 福岡パルコ8F
電話番号|092-726-1484
地図を見る

Back to top